囲碁のルール

囲碁のルールまとめ。初心者が最初に学ぶべきルールはこの5つ!

Pocket

初心者が囲碁を始めて得する3つのこと」では、囲碁を打つことによって良いことがあるのかを書きました。

    ①思考シナプスが増える
    ②視野の広い考え方ができるようになる
    ③実はルールはカンタン

      まだ読んでいない方は、「初心者が囲碁を始めて得する3つのこと」を読んでくださいね。

      囲碁の世界へようこそ!
      この世界には、あなたが今まで見たことのない景色が広がっています。

      ここから本格的にルールの説明です。

      これを読めば『自由に囲碁が打てる人』になります。

      いごのルール

      ①黒白を交互に交差点に置く
      ②囲碁は陣地の勝負
      ③相手の石を盤上から除外できる
      ④着手禁止点その1
      ⑤着手禁止点その2

      最初は難しいと思うかもしれません。

      無理せず、自分のペースで読み進めてくださいね。
      最後に練習問題があるので、自分の理解度を確認してみましょう。

      囲碁は交差点に石を置く

      黒と白の石を交差点に交互に置きます。
      ルール上はどこに打っても問題ないのです。
      石の置き方のルール

      • 碁盤の交差点に打つ!
      • 交互に打つ!

      囲碁の勝敗は地の勝負

      囲碁は交差点を囲むことでポイントになるというルールです。
      囲碁のルールで最も大きなポイントです。

      地とは、自分の陣地のことです
      地の数え方
      中央に交差点が6こ、囲まれていますね。

      これが地です。
      同じ色の石で囲まれたところは陣地となります
      交差点の数がそのままポイントになります

      ちなみに、辺や隅ではこのようなかたちです。


      辺での地の数え方


      隅での地の作り方

      超重要ポイント

      碁盤の端は省略OKというルールが存在します。
      オセロとは違うので気を付けましょう。

      では実戦的な図を見てルールの確認をしましょう!

      初心者から見た囲碁の難しさはここにあるのでしょうか。
      一見すると複雑に見えますが

      これも同じルールです。

      囲碁のルールに従って交差点を数えるだけなのです。

      囲碁の地はこのようにして数えます。
      このように、黒の地と白の地を数えてみましょう。

      黒は29こ
      白は28こ

      なので

      黒の勝ちです

      要点のまとめ
      • 囲まれている交差点を数える
      • 1つの交差点が1ポイント
      • ポイントが多い方の勝ち!




      囲碁は石を取れる

      次は、石取るルールを覚えましょう!

      囲碁といえば

      囲めば取れる
      というルールを聞いた事がありますか?

      石を取るルール
      上の図の白石を囲んでみましょう
      囲碁では相手の石の上下左右に自分の石を置くと、囲まれた相手の石を取ることができます

      この場合、上下左右なので
      相手の石をどうやってとるのか

      赤い印がついたところに黒石を置きます。

      相手の石を取るルール
      白石の上下左右が黒石に囲まれると・・・

      囲碁ではこのように石を取ることができます。
      白石は取られて、盤上から除外されます

      このように
      囲碁ルール1子の取り方gif
      相手の石の上下左右を全て囲むと取ることができます

      石数が2個になった場合の取り方

      では、白石が2個の場合を考えてみましょう。
      白石の数が増えたときの取り方

      同じように上下左右を囲んでみましょう!
      この場合は2つの石の上下左右なので、図に示した赤印の場所に黒石を置きます。

      2個になっても取れる

      1個の時と同じように黒石で囲まれると白石は除外されます。

      黒は2子を取ることができました。

      石の数が増えても、上下左右を囲めば取ることができます。
      囲碁ルール2子の取り方

      複雑な形の取り方

      たとえば、こんな形も!
      囲碁ではこのような形がよく出てきます。
      実際の囲碁ではこのような複雑な形もあります。

      とても見にくいですが、この石も上下左右を囲めばとれます。
      複雑な形の取り方

      この場合、上下左右はこの赤印の場所になります。
      ここに黒石を置くと
      囲碁のルールは囲めばとれる

      これまでと同じように
      囲まれた石は盤上から除外されます。
      黒は白を取ることができました。

      石を取るのに石数の制限はありません。
      100個でも200個でも、上下左右を囲まれると取られてしまいます。
      囲碁ルール複雑な形の取り方

      一つ一つの石のタテとヨコの場所をチェックしよう!

      石を取る時は上下左右だけで十分です

      したがって
      囲碁のルールでは斜めに連絡は無いという説明

      こんな状態のとき、黒が
      斜めの連絡は無いというルールの説明

      白の上下左右を囲んでしまえば

      囲碁では縦横を囲むことで取れます。
      白は取られてしまいます。
      囲碁のルールにななめの連絡はないのです。

      あくまで、上下左右であることに気をつけましょう。

      では、これらは隅や辺になると、どうなるのでしょうか?
      辺や隅にある白石はどうなるのでしょうか。

      地を囲うときに端には置かなくてよかったように、石を取る時も碁盤の端は省略できます

      辺だと黒3個で白1個を取れます
      辺の石の取り方

      隅だと黒2個で白1個を取れます
      隅の石の取り方

      要点のまとめ
      • 上下左右に自分の石を置くと相手の石を取れる!
      • 碁盤の端では省略可!
      • ナナメの石は無関係!

      囲碁ルール確認問題

      では、最後に練習問題です。
      どこに黒を置けば白をとれるでしょう??

      第1問
      練習問題1です。

      答え
      練習問題1の答えです。

      第2問
      練習問題2です。

      答え
      練習問題2の解答です。

      第3問
      練習問題3です。

      答え
      練習問題3の解答です。

      第4問
      練習問題4です。

      答え
      練習問題4の解答です

      第5問
      練習問題5です

      答え
      練習問題5の解答です

      第6問
      練習問題6です

      答え
      練習問題6の解答です

      第7問
      練習問題7です。

      答え
      練習問題7の解答です。

      第8問
      練習問題8です。

      答え
      練習問題8の解答です。

      第9問
      練習問題9です。

      答え
      練習問題9の解答です。

      第10問
      練習問題10です。

      答え
      練習問題10の解答です。

      おつかれさまでした!!

      いかがでしょうか?

      石を取る感覚がつかめたでしょうか?

      相手の石を取ると、取った数だけ相手の地を減らすことができます
      石を2個取ると先ほど数えた地から2を引いた数が相手の陣地となります。
      この計算は最後に地を数えるときに行います。

      では、次に発展問題です!
      練習問題1です。

      白番で、取られないようにするには、どこに白石を置けばよいでしょうか?
      ヒント:囲碁では黒が打ちたい場所に白も打ちたい、というケースが良くあります。

      答え
      ここに打てば白は取られません。

      ここに打つことで、白には上下左右の空きが3箇所ができるため
      取られない理由

      交互に打っているうちは取られることはありません。

      着手禁止点のルール

      囲碁は基本的にどこに打ってもOKです。

      ただし、打ってはいけない場合が二つあります。
      (この2つのルールは目次の4番と5番に書いています)

      まず、先ほどの黒が取った形はこちらです。
      石を取った後の形です。

      もし、白番で、X印のところに打ってみると。。。?
      着手禁止点

      こうなりますね
      着手禁止点

      この瞬間、白は上下左右囲まれています

      つまり、打った瞬間に取られています。

      このように、打った瞬間に取られてしまうところには打てない
      というのが着手禁止点のルールです。

      たとえば
      着手禁止点の別のパターン

      図は大きくなっても、やっていることは同じです。
      着手禁止点

      着手禁止点の例外

      この形を見てください。
      着手禁止点の例外問題です。

      つぎに、黒が
      着手禁止点の例外

      赤い印のところに打つと・・・

      着手禁止点の例外
      打った黒は囲まれています。

      でも、白も上下左右を全て囲まれています。

      このように、

      相手の石を取れる場合は置けるのが例外ルールです。

      たとえばこの形も
      着手禁止点の例外

      もう一度確認しましょう。
      着手禁止点の例外

      黒は囲まれていますが、白も囲まれているため
      白石を取ることができるのです。

      という感じになります。

      囲碁のルール確認問題

      では、最後に練習問題をやってみましょう!
      黒番で、白を取ってください。

      第1問
      練習問題1です。

      答え
      練習問題1の解答です。

      第2問
      練習問題2です。

      答え
      練習問題2の解答です。

      第3問
      練習問題3です。

      答え
      練習問題3の解答です。

      発展問題

      黒番で、この白を取ることはできるでしょうか?
      囲碁のルールではこの形をとることができない。

      答え
      取ることができない

      取るために黒石を置いてみます
      二眼の説明
      しかし、白にはまだ1か所の空きがありますね

      つまり、2手同時に打たない限りこの形を囲むことができないのです
      二眼の説明
      このように、着手禁止点が2つ同時にある形を
      2眼(にがん)といって、絶対に取られない形です。

      特別ルール:コウ

      まずはこちらをご覧ください。
      この形がコウです。

      黒番で、白を取れる形ですね
      黒が白を取ります。

      ところが、この形よくみてください!

      今度は白が黒を取れる形です。
      今度は白番で黒を取ることができます。

      このような
      コウ

      無限ループ形コウ(劫)といいます。

      この場合は特別ルールが存在します。

      特殊ルール(1)コウを取る

      黒が白を取ります。

      特殊ルール(2)取られた方は次の手では取り返せない

      (他の場所に打てばOK)
      この手は囲碁のルールでは認められていません。
      他の場所に打つのは大丈夫です。

      特殊ルール(3)黒はコウを守るか放置を選択できる。

      つまり

      (3)-(Ⅰ)コウを取り返されたくないとき

      黒はコウを守ることができる。
      これで、もうコウはなくなりました。
      白に取られる恐れはありません。

      (3)-(Ⅱ)守らないとき

      コウを放置して攻めることもできます。

      コウを守らずに他に打ちたい時は放置することもできます。

      (4)お互いに一手ずつ別のところに打てば取り返してもよい

      (ずっと放置していてもよい)

      (3)-(Ⅱ)のようなパターンになった状態のとき
      コウを放置して攻めることもできます。

      黒白ともに一手以上コウに触れていないので
      取り返すことが許されます。

      もちろん、コウに触れないのもOKです。
      どこに打っても自由です。
      コウの取り方
      これが、コウの特別ルールです。

      そして、以上が囲碁のルールです。
      ここまでよく頑張りましたね

      ひとつひとつのルールは、実際にやってみることでより理解が深まります。

      みなさんもぜひ、実際に打ちながら囲碁を楽しんでくださいね

      さいごまで読んでくださってありがとうございます。
      今までの全記事のまとめは記事のまとめページからご覧いただけます。

      ABOUT ME
      yuki
      日々研究に追われる理系大学生。専門は脳科学。 趣味は囲碁と中国語。 性格はおだやかで人懐っこいと言われる。
      詳しい自己紹介はyukiのプロフィールをご覧ください。