囲碁ルール5【図解】最後のルール【コウ】

2018-05-23

Pocket

少し前まで、うちには大きな金魚がいました。夏祭りの金魚すくいで取ったのですが、なんと6年近く生きていました。最期は大きくなりすぎて赤ちゃん用のバスタブに水を張って飼っていました。金魚なのか鯉なのかよくわからないまま飼い続け、よく育ってくれたなと思っています。

金魚を飼ったことがある人はクリックしてね

人気ブログランキング

今回は最後のルールです。

⑤特別ルール:コウ

まずはこちらをご覧ください。
この形がコウです。

黒番で、白を取れる形ですね
黒が白を取ります。

ところが、この形よくみてください!

今度は白が黒を取れる形です。
今度は白番で黒を取ることができます。

このような
無限ループ形コウ(劫)といいます。

この場合は特別ルールが存在します。

(1)取る

黒が白を取ります。

(2)取られた方(白)は次の手では取り返せない。

(他の場所に打てばOK)
この手は囲碁のルールでは認められていません。
他の場所に打つのは大丈夫です。

(3)黒はコウを守るか放置を選択できる。

つまり

(3)-(Ⅰ)コウを取り返されたくないとき

黒はコウを守ることができる。
これで、もうコウはなくなりました。
白に取られる恐れはありません。

(3)-(Ⅱ)守らないとき

コウを放置して攻めることもできます。

コウを守らずに他に打ちたい時は放置することもできます。

(4)お互いに一手ずつ別のところに打てば取り返してもよい

(ずっと放置していてもよい)

(3)-(Ⅱ)のようなパターンになった状態のとき
コウを放置して攻めることもできます。

黒白ともに一手以上コウに触れていないので
取り返すことが許されます。

もちろん、コウに触れないのもOKです。
どこに打っても自由です。
コウを打たなくても大丈夫です。



これが、コウの特別ルールです。

そして、以上が囲碁のルールです。

ひとつひとつのルールは、実際にやってみることでより理解が深まります。

実は、プロでもコウをすぐ取り返して反則負けした事例があります(笑)

みなさんもぜひ囲碁を楽しんでくださいね

おしまい

さいごまで読んでくださってありがとうございます。
今までの全記事のまとめは記事のまとめページからご覧いただけます。
ブログランキング参加しています
応援お願いします!

人気ブログランキング