中国語資格試験対策

中国語検定2級参考書。圧倒的に効果が出るおすすめ5選。

Pocket

検定試験において、参考書選びは
合否に直結します。

今回は、中国語検定2級に効果的な参考書を数々のリサーチのもと作成しました。

自分の経験や周囲の意見を考慮して
これらの参考書を持っている人の合格率が圧倒的に高いです

みなさんのこれからの勉強をより効率的にするために
ぜひご覧ください。



中検2級に効果的な参考書

第5位:中国語検定過去問題集

検定試験は過去問がおすすめです。
最終的には過去問をやり込むことが点数アップの秘訣です。
中検協会のHPから過去問を見れますが、解説本は貴重です。

過去問を解くというのは、想像以上に重要なことです。実際の検定試験では、過去問からの重複問題が数多く存在するため、これが解けるかどうかで実際の合格率にも変化が現れます。

第4位:中国語検定トレーニングブック

リスニングの教材です。
内容的には、簡単な文章が多くテンポの良さが特徴です。
中検2級のリスニングにはちょうど良い難易度です。中国語の発音に耳を慣らすために必要な教材ですね.
著者の戴暁旬さんは中国語検定試験の指導者として有名な方で、この方の本は本当にレベルが高く、効率的な内容になっています。

第3位:キクタン中検2級レベル

実績はNo1でしょうか?
多くの方がこの教材を使って合格しています
中国語検定2級は語彙力が命ですので、語彙力に特化した教材を使うのがおすすめです。

第2位:聴読中国語

リスニングの教材です。
難易度は2級から準1級ほど。
2級単語もしっかりまとめてあり、かなりのレベルアップが期待できます。
難易度は少し高めです。
これから中検2級以上に挑戦していきたい人におすすめです。

第1位:中国語検定2級徹底攻略

中検問題集.jpg
圧倒的におすすめする本です。
この本を網羅すれば2級は受かります。
登場する単語はやや難しめですが、出題率が高いです
重要単語や頻出フレーズを含んだ長文問題がメインの問題集です。その後に解説が書かれています。その開設のわかりやすさ、レベルの高さ、中検2級への適応力の高さ、どれを取ってもピカイチです。
私がお勧めする、絶対に見てほしい一冊です。

以上、私がおすすめする中検2級の参考書BESTでした。

ちなみに選外優秀賞はこちら↓

とても良い参考書です。
私は使ってないのでおすすめはできませんが、レビュー評価は非常に高いです。
今回の第一位と内容が似ているので選外とさせていただきました。

これらの参考書を用いた効果的な勉強方法については、中検2級。3か月の対策勉強で一発合格体験談。合格率2割を乗り越えるをご覧ください。
全てのテクニックが詰まっています。

さいごまで読んでくださってありがとうございます。
今までの全記事のまとめは記事のまとめページからご覧いただけます。

ABOUT ME
yuki
日々研究に追われる理系大学生。専門は脳科学。 趣味は囲碁と中国語。 性格はおだやかで人懐っこいと言われる。
詳しい自己紹介はyukiのプロフィールをご覧ください。