page contents
定石・手筋

【囲碁定石】小林流研究part2

小林流研究第2回です。
前回の記事は小林流研究part1をご覧ください。




②オオケイマカカリ

(2)1間バサミ

テーマ図1

オオカカリの意図は
穏やかに済ませて小林流の威力を軽減させようというもの。

白は、なるべくわかりやすい図を目指します。
白の手筋1

オオケイマカカリの基本定石、ツケがこの場合いい手です。

星の基本定石
変化一例です。
星の定石に戻りましたね(笑)
もちろん、互角なのですが・・・・・

黒としては、小林流をかわされた感じです。
ちなみに、
白からの狙い
ここに打ち込みがあるので、黒地はまだはっきりしていません

黒失敗の定石
この定石は方向が逆です。
右下の白は強いので、下辺の価値は小さいです。
これも小林流の勢いを活かせていません。

黒が良くない定石
変化してみます。

星の石が右下に近寄りすぎです。
右下の黒は強い石なので、もう少し遠くにあるべきです。

よって

ハサミの位置は色々ありますが、白は

白の手筋1
ここのツケで難しくはならないというのが結論です。

黒はせっかく小林流を使っているので
もっと戦闘的な布石にしたいところです。
したがって、ハサミを打つひとは少ないのが現状です。

(3)1間トビ

黒の最も良い打ち方
これが、小林流を最大限に活かす打ち方です。
小林流の基本的な受け方となっており
定石は変化多様、難しいものは目がまわるほどの難しさです。

では、一つずつみていきましょう。

1、簡明型

最も簡単な白の打ち方
実に簡単です。

わからなければ、手を抜けばいいのです(笑)

こう見えてなかなか有力な手段で、手順を変えると
手順を変えた図

どうでしょう?
白に不満があるわけないですね。

まだ下辺は打ち込みが残っています。

変化形については、「小林流研究part3」をご覧ください

さいごまで読んでくださってありがとうございます。
今までの全記事のまとめは記事のまとめページからご覧いただけます。

ABOUT ME
yuki
日々研究に追われる理系大学生。専門は脳科学。 趣味は囲碁と中国語。 性格はおだやかで人懐っこいと言われる。 詳しい自己紹介はyukiのプロフィールをご覧ください。