定石・手筋

【囲碁定石】小林流研究part3

Pocket

今日は小林流第3回です
これまでの小林流研究については
小林流研究part1
小林流研究part2をご覧ください。

それでは、今日のテーマはこちらです。
テーマ図

今回は、白のこの手に対する黒の打ち方です。




①攻撃的な小林流

よくある黒の打ち方
もっともノーマルな打ち型です。
前回までは地に辛く、簡素な小林流を紹介しましたが、ここからは攻撃的な小林流の紹介がメインとなります。

一般定石
とにかく、2は急所です。
以下黒5まではほぼ必然。

ここで白に2通りあります。

(1)模様型小林流

穏やかな定石
注目していただきたいのは黒6。
この模様の急所はココなのです。

よくアマ7段くらいでも

大模様定石
平気な顔してここに飛びますが

相当な決断を要する一手です(笑)

なぜなら

白からの狙い
この打ち込みに対して厳しく打たないと
せっかく小林流で作った黒地が大荒れしてしまうからです。

しかし・・・・
黒の応手

最も厳しいのはツケノビですが
白9まで黒の断点もあって白はなかなか死にません

したがって
プロやトップアマはしっかりと地が確保できるケイマを打ちます。

ただし、少々高度な戦略のため
トビを選択しても大丈夫です。

(2)小林流の破壊力

白失敗の定石
トビに対して、黒は4のナラビが急所です。
これに対して下辺を荒そうとするものなら

白ツブレの図
このように
白崩壊してしまいますので気をつけましょう
これが韓国産の強手です。

穏やかに見える小林流にも、こんな狙いが隠されているので、白は油断できません。

結論として、
(2)はやや白苦しいので、(1)が主流となっています



②昔流行った小林流の進行

昔流行った打ち方
むかしの小林流で流行りました。

ややハメテ感のある手ですが・・・
白は正しく打てば
黒の意図を挫くことができます。

(1)小林流大成功

一般定石
これはこれで白も立派ですが
黒としては広げるという要求が通った形です。

これは黒が主導権を握りやすいので
白はもう少し工夫して打ちたいところです。

(2)小林流失敗

定石変化
白は、4の曲がりがいい手です。

白は黒を低くおさえ、中央に向かっています。
また、抜きもあって眼はほぼあります。

よって黒は戦いの主導権を握りにくいので
白は小林流の威力を緩和していますね。

では、次の手は長いので今回はここまでです。
続きは次回をおたのしみに。

次の記事>>>小林流研究part4

さいごまで読んでくださってありがとうございます。
今までの全記事のまとめは記事のまとめページからご覧いただけます。

ABOUT ME
yuki
日々研究に追われる理系大学生。専門は脳科学。 趣味は囲碁と中国語。 性格はおだやかで人懐っこいと言われる。
詳しい自己紹介はyukiのプロフィールをご覧ください。