定石・手筋

【囲碁定石】小林流研究part4

Pocket

小林流研究第4回です。
前回の記事は小林流研究part3をご覧ください。



(3)有力候補の小林流

テーマ図
とても有力な手です。

では、白の応手をひとつずつみていきます。

有力な小林流の意味

白の応手
白1は急所ですが
3の曲がりは黒からカウンターが飛んできます。

黒の強手

このハネで白は困っています。
仮にこの石を取りに行くと・・・

黒有利の図
捨てられて黒が厚くなります。

ここで白13を手抜くと

白崩壊の図
白は攻め合い負けですから白は大損です。

では筋良く切ってみます。
白の工夫

なんだか黒は傷だらけですが

黒の応手
このように、切り返して外に厚みを作ります。

序盤なので白にコウ材がなく、黒が有利な戦いです。
白の打ち方は以下の2つです。

小林流の厚みの完成

白の応手1
白は先手を取れますが
黒が厚く、黒良しです。

Ⅱ、変化しても小林流の厚みが残る

白の応手2

下からまくるのも考えられます。
進行図

黒は団子石になりますが
白には傷がたくさんありますね。
さらに進行図

ここまで、黒が厚く、優勢です。

以上より、黒よしです。



有力な小林流定石に対する白の対策

白の工夫した手筋

ということで
白は単に切ることになります。

黒の対応

黒は抑えが最強
ここで白はスミを取りたいのですが

黒のうまい手筋の紹介
ここで、黒4のハサミツケがうまい手です。

変化図1
上をツグと、下辺ぴったりと止められます。

変化図2
下を守ると上がぴったり止まります

したがって、

これまでの図を踏まえての白の打ち方
逃げるよりありませんが・・・

進行図

続いて・・・

進行図2
ここで、切るのがうまい手です。

次に

白崩壊の図
これは攻め合い黒勝ちで
白はバラバラですね。

これも
黒有利の図

黒地が大きく、黒優勢です。

よって、単キリでも黒が良くなります。

ということで、カケは有力です。
みなさん、是非試してみてくださいね

次の記事>>>小林流研究part5

さいごまで読んでくださってありがとうございます。
今までの全記事のまとめは記事のまとめページからご覧いただけます。

ABOUT ME
yuki
日々研究に追われる理系大学生。専門は脳科学。 趣味は囲碁と中国語。 性格はおだやかで人懐っこいと言われる。
詳しい自己紹介はyukiのプロフィールをご覧ください。