page contents
定石・手筋

【囲碁定石】ミニミニ中国流研究part3

こんにちは。

今回はミニミニ中国流part3です。
前回の記事は、「ミニミニ中国流研究part2」です。

穏やかな定石

前回まで
前回までテーマにしていた図

この変化を見てきましたが
黒には別の手もあります。

こちらのオサエです。

黒の穏やかな戦法
白を強化してしまうものの
黒は下辺の勢力を大きくできます。

これが普通の進行です。
一般定石

まだカタツキやデギリの味があります。

ここで白は

白の良くない手
切るのは黒地が固まってしまうため
いいことはありません。

これをもとに

黒が有利な定石
たまに打たれるこの定石ですが
黒良しとされています

ミニミニ中国流の新手

韓国プロが始めた新手
少し前に韓国の朴廷垣さんが打ち
密かに打たれ続けている手です。

では、白の応手に対する黒の研究です

①上ハネ

白の応手1
真っ先に思い浮かぶのは
このハネでしょうか。
ただし、これは白の打ちすぎです。

黒の好手
黒のキリが鋭い手です!

黒が良い結果図
このように

黒は弱い石が1つなのに対して
白は2つあるため
黒有利な戦いです。

②ノビ

白の応手2
冷静な手です。

互角の定石
この図は互角です。

右下の黒地はおよそ35目
白は厚く、先手なので不満ありません。

また、様子見でツケてきたときは
白が工夫した時の図

こうすると定石に戻りますが
黒の損を説明

この交換は黒が損なので
内側から抑えます。
黒の応手

白は隅の石を逃げると
黒が有利な図

右辺と絡み攻めにされてしまいます。

③下ハネ

白の応手3
このハネは、地に辛い手です。

黒の最強手は
黒の応手

キリです。

白は伸びたいところですが
黒の好手を紹介

黒のノビが冷静な好手です

出てくると、右辺と裂きます
進行図

白からのキリが怖いところですが。。。
白の強手に対する黒の対応

この隅の攻め合いは
単純に攻め合うと黒1手勝ちです。

よって白は

白は妥協するしかない
渡るよりありません

黒の連撃

ツギを決めて3が好手です。
黒の手筋
また放りこみます

進行図
コウは争えないので白はツギます

結論図
黒は生きることができました。

こうしてみると
白は分断された上に
両方生きてないので苦しいですね。

この手筋はほかの場面でも使えるので
ぜひ覚えてくださいね

ということを踏まえて

このキリに対して
黒の応手

このくらいの相場です。
互角の定石

これは白が先手なので互角です。

では、今回はここまでです

次の記事>>>ミニミニ中国流研究part4

さいごまで読んでくださってありがとうございます。
今までの全記事のまとめは記事のまとめページからご覧いただけます。

ABOUT ME
yuki
日々研究に追われる理系大学生。専門は脳科学。 趣味は囲碁と中国語。 性格はおだやかで人懐っこいと言われる。 詳しい自己紹介はyukiのプロフィールをご覧ください。