小目の発展定石まとめ3選!実践力を鍛える

2018-05-16

Pocket

今回は基本形に加え、更に発展した内容までをご紹介します。

前回の記事は、初心者にお勧め大ケイマカカリの基本をご覧ください。

①コスミ受け

(3)外し

珍しい定石です。
外す手も研究されていました。
黒ペースにならないようにする手のようですが
少なくとも4にかけて黒悪くはなさそうです。

スポンサーリンク

白3で右辺を開くのは、黒から3の場所へ詰められて白厳しいです。

②トビ

トビも有力です。
この手は小林流で主に使われます

この手については
小林流研究をご覧ください。

小林流と合わせて解説しています!

④1間ハサミ

ハサミもあります。
続いて白の打ち方はかなりあります

ハサミの定石です。
もっともポピュラーな形です。

スポンサーリンク

ここで手抜きが多く、続いて白から
最近よくある変化です。
ナラビの記事 で紹介したように、これが多いです。
④図変化で
このような変化もあります。

1間ハサミのときはカケが成立します
白の反発には・・・
黒が有利の変化です。
AとBが見合いで白つぶれです。

実践例
黒:謝依旻 白:向井千瑛
黒9目半勝ち
実践例です。
わかりやすい黒の大模様。形勢は互角。
31は急所で手抜くと白から上辺打ち込みまで狙われてしまいます

また
流行の定石です。
このような打ち方もあります。
黒から利きが多いうえに軽いので楽にさばけるのがいいところです。

白が6を省くと
黒から攻めるときの急所です。
ココが急所です。

実践例
黒:朴廷桓9段 白:金鎮佑6段
黒中押勝ち
実践例です。
35は地で先行しようという手。
36一発で白はほぼ生きです
また、左辺31,33の利かしに注目。左下の味とからんで左辺の白地を制限しています。

変化一例です。
このような打ち方もあります。
しかし、黒が重いと見て⑨図を打つ人が多いです

④図について
黒失敗の図です。
手順を間違えるとひどい目に遭います

上を取って白大満足です。

白のツケに対して
33定石に戻ります。
三々定石に戻すこともできます。

穏やかな変化です。
内から抑えることも考えられます
より白にプレッシャーをかけることができます

お互いに堅い定石です。
これもよく打たれる手です。
黒を固めてしまいますが、白も強化されます

今日はここまでです!

ブログランキング参加しています
応援お願いします!

人気ブログランキング

スポンサーリンク