【囲碁定石】大ナダレ研究part1

2018-05-15

Pocket

スポンサーリンク

こんにちは

今日はこのまえ後回しにしていた
大ナダレについてです!
現段階の研究では難解なうえにはっきり得するわけでもないので、打たれることが少なくなってきています

大ナダレ定石

大ナダレ定石です。

①ノビ

黒の伸びです。
これは小ナダレ研究 を参照して頂けると、黒が利かされていることがわかります。

②普通の定石

白の切りから難解な定石が始まります。
ということで、はねるのが気合。
これが超難解定石でお馴染みの大ナダレです

主に打たれるのは4通り。

②-(1)

内曲がり定石
内曲がり定石です。
1と曲げるのが内曲がり定石。
お察しの通り、内曲がりと外曲がりがあります。

よくある変化です。
切ってから曲がりが手順です。
このあとにパターンあるので、以下示します

パターン1

定石パターン1です。
3のハネはコウ味を残したもので

隅は味残りです。
黒が隅を取ると、将来的にヨセコウになります

パターン2

定石の変化パターン2です。

黒のツギにハネもあります。
白13まで1本道。
このあと

3のカケがかっこいいですね。

あるいは
やはりカケが急所のようです。
これが一般的です

パターン3

穏やかな定石です。
ハイも考えられます

パターン4

戦いの定石です。
空中戦が好きな方はこんなのも
不確定要素が多いため力が問われます

この定石変化の続きは、大ナダレ定石part2をご覧ください。

ブログランキング参加しています
応援お願いします!

人気ブログランキング

スポンサーリンク