定石・手筋

【囲碁定石】三連星研究part1

Pocket

こんにちは!

最後のテーマは3連星 です

私は調子が悪くなった時によく3連星を打ちます。
3連星は単純な布石になりがちですが、その時に自分がどのような考えをしているのか、顕著に表れます。

地に懲りすぎていないか
甘くなりすぎていないか

分析するために打つことが多いです(笑)

囲碁を始めて1か月のあきらくん

待ってました3連星!

初段間近のさおりちゃん

単純なあきらくんにはぴったりの布石ね。

アマ8段の林先生

3連星は簡単な布石で有名ですが、その定石は数が多くて大変なんですよ。
みなさん、頑張ってついてきてくださいね!

3連星

3連星の定石
この布石です。

囲碁を始めて1か月のあきらくん

この布石はよく打つよ!

初段間近のさおりちゃん

私ならかかってみるかな

白の応手

アマ8段の林先生

では、これに対する黒の定石を勉強しましょう。

①受け

簡単な定石

囲碁を始めて1か月のあきらくん

僕はいつもケイマに受けるよ

初段間近のさおりちゃん

なんのひねりもない定石ね

アマ8段の林先生

受ければ簡単な定石です。
プロの実践例もあるようです。
黒はちょっと甘いので打ちにくいですね。

②1間ハサミ

黒の変化図

初段間近のさおりちゃん

私はハサミが好きだわ

アマ8段の林先生

1間ハサミはかなり有力です。
白は以下いくつかの打ち方があります

(1)三々定石

白の選択肢1

初段間近のさおりちゃん

三々定石ですね

囲碁を始めて1か月のあきらくん

この後また右上にかかりたいです

その後の展開

アマ8段の林先生

この進行は黒が打ちやすいですが、形勢は互角です。

囲碁を始めて1か月のあきらくん

黒を持ちたいなぁ

初段間近のさおりちゃん

碁会所のおじさんたち、いつも打ち込んでくるんです。

アマ8段の林先生

それは無謀ですね

白の打ち込みに対する黒の反撃

アマ8段の林先生

ナラビが冷静な手です。
白はいつまでも眼がなく彷徨うことになります

囲碁を始めて1か月のあきらくん

かっこいい!
こんな攻め方ができるようになりたいなぁ

初段間近のさおりちゃん

冷静な強手、ナラビで紹介された手筋ですね。

囲碁を始めて1か月のあきらくん

ボウシしてみたらどうなるのかな?

初段間近のさおりちゃん

なかなか勇敢ね

白の工夫

アマ8段の林先生

ボウシは深すぎます。
黒2の反撃があります。

白の失敗図

初段間近のさおりちゃん

これは⑦図同様、白が浮石で苦しいですね

アマ8段の林先生

サバキの手筋としては次図

白の手筋

アマ8段の林先生

この手筋は覚えておきたいですが、この場合は白がうまくいくわけではありません。

黒の対応図

初段間近のさおりちゃん

この場合⑪図が成立するんですね

アマ8段の林先生

続いて

黒の反撃

アマ8段の林先生

ここで、6のコスミが重要です
ノビよりも右下白に厳しく打てます

囲碁を始めて1か月のあきらくん

なんだか心配だなぁ

黒の成功図

初段間近のさおりちゃん

ギリギリ耐えてるわね

変化一例ですが
変化一例
黒は白に荒らされた分の厚みを得ており十分です
白不十分の図
この位置であれば囲って十分です
まだ左辺には手が付けれるので、黒地が大きく黒満足です

(2)トビ

白の一般的な打ち方

初段間近のさおりちゃん

私はこの定石が好きだな

囲碁を始めて1か月のあきらくん

黒1子が危なそうじゃない?

アマ8段の林先生

黒は逃げるのもありますが、3連星の時はコスミツケが有力なんですよ。

初段間近のさおりちゃん

えー!?
そんな手が!?

進行図

囲碁を始めて1か月のあきらくん

これは黒が良さそうだね!

アマ8段の林先生

さぁ、黒の狙いがわかるかな?

初段間近のさおりちゃん

この流れだと中央志向でいいのかな

黒の狙い

アマ8段の林先生

素晴らしい!
この手段がありますね。
これは黒の石が張っていて黒満足です。
気を付けなければいけないのは

黒の失敗図

アマ8段の林先生

2のオサエが危険なこと。
キリがいい手で黒崩壊です

初段間近のさおりちゃん

先生、⑯図のあと白が下がるとどうなりますか?

定石変化図

アマ8段の林先生

そうすると、これを利かしとみて逃げ出します。

黒有利の図

アマ8段の林先生

これは黒地が大きく、黒良しです。
次に白は左辺を開かなければいけないので黒が先行することになります。

白は変化しても黒が有利

囲碁を始めて1か月のあきらくん

白はバラバラで苦しそうだね

白の工夫

アマ8段の林先生

では、私から問題です。
白のこの手はどうでしょうか?

黒の失敗図

初段間近のさおりちゃん

抑えます。

囲碁を始めて1か月のあきらくん

2子とれるね!

アマ8段の林先生

残念ですが、これは失敗です。
隅は広すぎてまだ白から狙われます。

黒の正着

アマ8段の林先生

黒の正着は割り込み
4のツギは打ちすぎです

ここから難しくなるので
簡単に済ませたい方はジャンプをクリックしてください

スポンサーリンク


そのあと、ハネ1本でオシが重要で
進行図
隅を攻めるとコウの返し技があります。
これは黒からコウ材が足りず、黒崩壊です
黒の猛攻㉗続いて、3のコスミから攻めて黒ペースです
変化図

したがってこのような進行になります。
この図は白の実利が大きいですが中央の白に弱みが残っており互角です。

また、⑳図で
黒の失敗

デギリはあまりよくないです

白の反撃
シチョウは白良しなのでこれは不成立
したがってこちらからあてるよりなく、取られてしまいます。

これは黒の1子抜きの厚みが働かず、逆に右辺が薄くなっているため白が満足です

囲碁を始めて1か月のあきらくん

むずかしいよ~~

初段間近のさおりちゃん

さ、追いついたわよ!

アマ8段の林先生

みなさんよく頑張りましたね。
今回はここまでです。
おつかれさまでした。

次の記事>>>【囲碁定石】三連星研究part2

さいごまで読んでくださってありがとうございます。
今までの全記事のまとめは記事のまとめページからご覧いただけます。

ABOUT ME
yuki
日々研究に追われる理系大学生。専門は脳科学。 趣味は囲碁と中国語。 性格はおだやかで人懐っこいと言われる。
詳しい自己紹介はyukiのプロフィールをご覧ください。