お手軽に強くなる級位者詰め碁5選

スポンサーリンク

Pocket

今回は級位者の方向けの詰碁を紹介します。
初段以上の方は初段からのおすすめ詰め碁8選をご覧ください。

級を上げるのは大変ですよね。

実は、私も有段歴より級位歴のほうが長いんです(笑)
初段戦に何度挑戦しても負けて、自分には初段なんて似合わないと思っていました。

そんな私が強くなったきっかけが、詰碁。
そして、今では県代表クラスになりました。

級で苦しんだ私がおすすめする級位者詰碁をお楽しみください。

級位者向け詰碁シリーズ5選

①ひと目の詰碁


人気NO.1の詰碁本でしょう。
10級から1級の方には最適です。
問題は手数が少ないものの、知っていなくては初段になれないという常識問題ばかり。
また、正解図以外にも解説図も多く、一人で勉強する級位者には非常にありがたい存在です。
この本をマスターすれば初段になれるだけでなく、有段以降の上達も早くなります。

ひと目でわかるというのには理由があります。
詰碁は単調作業です。
分からない問題をずっと考えるのは、疲れるし飽きてしまいます。

ひと目の詰碁ではテンポよく解き進めることができるので、たくさんの問題に触れることで初段への壁を破るきっかけになります。

読者レビュー

ひと目でわかるって大切です
満足度:★★★★☆
いろんな手筋も実戦で使えなければあまり意味がありません。自分は5級程度の腕前ですが、これぐらいならなんとか理解できます。そんなに難しい問題もないので、何回も繰り返して、大半はひと目で分かるようになってきたら実戦でだいぶ効果がでてきたようです。ぜひ皆様もお試しください。

Amazonでの購入はこちら

②直感力がつく!新ポケット詰碁200


詰碁はシンプルそのもの。
石の生き死にの基礎が詰まっています。
級位者のうちは難しい詰碁に取り組む必要はありません。
シンプルで、急所の見極め方を鍛える問題を多く解くことが重要です。

ポケット詰め碁は文字通り、ポケットに入れたくなるような本です。
本のサイズもそうですが、触った質感も好きです笑
私も学校にいるときは制服のうちポケットにこっそり忍ばせて暇なとき(化学の授業がメインw)に読んでいました。

この本では、実戦で出現しやすい実践的な問題がほとんどです。
普段は見逃してしまう形も、この本を読んだ後ではしっかり仕留めることができるようになるでしょう。

読者レビュー

初段以下の方にお勧め
満足度:★★★★★
囲碁入門後は死活の問題を繰り返しすればかなり強くなれます。
この本は死活における基本(三目ナカデ等)からかなりの応用までを身に付けられる質の良い問題集だと思いました。
基礎編を5回ぐらい応用編を3回ぐらい繰り返して完璧にすれば、だいたいの詰碁は解けるようになりますし、実戦でも無駄な手入れが減ります。他の詰碁の本を読む前にぜひこの本を-Review

最初に買う詰碁の本に最適
満足度:★★★★★
詰碁は碁の上達には欠かせませんが、通常の詰碁の本は有段者向けの難しいものです。最初は簡単なものをパッととけるくらいが最適。そのような人向けには本書は最適でしょう。-Reiew

Amazonでの購入はこちら

③置き去りの傷を探せ


以前、月刊碁ワールドに掲載されていた問題集です。
ミニ碁盤で終局図があり、手が生じているところを探すというルールです。

範囲が広いわりに簡単な問題集で、10級から初段が目安です
場所によっては初段でも
見落としてしまうような細かい問題もあります。

これらの傷を発見できることが実践力ですので、
非常に実践的応用のある問題集だといえます。

実戦に近い問題図で考えるという、実践的思考力が養われます。

読者レビュー

実戦が楽しくなるでしょう
満足度:★★★★★
 5から15級くらいの方のために書かれた本だと思いますが、20級くらいの方でも50%以上の問題が解けるのではないでしょうか。
九路盤の終局(碁が終わる)直前で、傷を二つ探すという問題集です。そういう実戦的なスタイルであることがこの本の特徴です。この本に慣れてくると、実戦が、宝探しゲームみたいになって楽しくなるでしょう。
私が、初・中級の頃にはこの手の本はなかったので、今の人たちをうらやましく感じます。
棋力アップについては、即効性があるだけでなく、手筋の基礎が身について筋が良くなり、有段者への切符を手に入れることが出来るかもしれません
-Review

簡単な問題の反復こそ肝心
満足度:★★★★☆
幽玄の間で現在24級の者です。
簡単な問題ばかりと言われていますが、確かにその通りです。放り込みから追い落としのパターンは何度も出てきます。しかし、飽きるほど繰り返される問題が解けるのと、実戦で勝てるのは大違いです。私も、25級の方と対局をした時、放置されていた傷を咎めて10目以上も得をした事もあります。基本的な手筋を知らなくとも、傷の見分けがつけば、そこをつく或いは守るだけでさまになった碁が打てるものです。
また、切りから見合いという問題も何問か出てきます。この問題で学んだ事を実戦に応用できれば、10目や20目くらいあっという間に上達します。
初級者で伸び悩んでいる人にぜひ薦めたい一冊です。
難点は、白(仮想敵)の応じ方が無駄な抵抗を続けるという事です。「ここに打っても相手はこう応じるしかないから、大した得にはならない」と思って解答を見ると、どんなに弱い人でも打たないような手を平気で打って大損害を出している事例が幾つかあります。問題にはヒントがついているのですが、このヒントがかえって邪魔になる場合があります。私も白側の応じ方に何度も呆れながら解いていました。この点を考えて、1点減点としました。-Review

Amazonでの購入はこちら

④世界一 役に立つ実戦詰碁


レッスンプロといえばこの人、石倉昇さんです。
数々の囲碁教室で指導を担当し、その評価はNO.1です。

そんな石倉さんが手がけたこの本。
級位者が陥るポイントを良く踏まえています。

基本形をもとに解説されるため、基礎的な力がつきます。
これは実戦での応用力が非常に高い勉強方法です。
実戦で特殊な形になっても、実は基本形を応用したら解決できるというケースはよくあります。

読者レビュー

今までの碁の本の中では一番良かった
満足度:★★★★★
実力的には初段程度ですが、
角の締まりってなんで確定地なんだっけ?と
自分で試してみると意外にも忘れてしまっていたりします。
そういった内容を丁寧に書いて頂いているので
忘れてしまったことも、新しく覚えられることもあり、
非常に実戦向きな内容でした。-Review

死活の基礎が網羅的に解説されています!
満足度:★★★★★
例題は死活辞典に掲載されているような基本的なモノが多いですが、解説が丁寧なので非常にわかりやすいです。概して理詰めで解説してありますが、”苦しい場所ではナナメに打つ”等の経験則も併せて掲載してあるところが御愛嬌。感覚派にも嬉しいですね。また、隅の定石に関わる死活問題も詳細に解説していますので、入段前には是非やっておきたいところ。欲を言えば頁レイアウトが見難い事でしょうか。解説が詳しいので、数頁に渡って変化図などを載せています。文庫本の問題集に慣れてしまった人には馴染めないでしょう。変化を検討することは詰碁上達には必要なので、この辺は割りきりが必要ですね。級位者を対象とした詰碁をやり終えたが、死活辞典は難しいというレベルの人が対象でしょう。死活の基礎が網羅的に解説されていますので、死活辞典を始めるまでは詰碁本と平行して読み返すと良いと思います。入段前の基礎固めに最適です。-Review

Amazonでの購入はこちら

趙治勲詰碁ハンドブック


先ほど紹介した、『ひと目の詰め碁』が人気すぎて
やや難易度を上げたこの本が登場しました。

この本の特徴は、同じ問題を数パターン出題すること。
これによって、正解したけど考えなかった変化図や、予想外の抵抗手を考えることができます。

さらに、このような

チェックシートが付いていて、復習しやすいという特徴があります。

難易度はやや上がりますが、C,Dランクの問題は10級の方でも解けます。
全体的には、5級以上の方が対象だと思われます。

読者レビュー

ボロボロになるまで毎日勉強
満足度:★★★★★
このハンドブック詰碁は非常に良いです^_^
先生のお言葉にボロボロになるまで使いなさいと書いてありました
ボロボロになるまでやる気の出る詰碁が含まれています。-Review


Amazonでの購入はこちら

級時代の詰碁の解き方

みなさんは詰碁をどのように解いていますか?

級のときは、詰碁を深く考える必要はありません。
むしろ、漫画のように流し読みするだけでも十分です。

その代わり、読んだ本は繰り返し読み返して覚えること。
実戦で打てるようになったら、卒業です。

実は、基礎詰碁ができるだけで棋力は相当上がります。
ここに紹介した詰碁が実践で打てる時、あなたはもう級位者ではありません。

さいごまで読んでくださってありがとうございます。
今までの全記事のまとめは記事のまとめページからご覧いただけます。

今回紹介した詰碁ができるようになったら初段からのおすすめ詰め碁8選にもチャレンジしてみましょう!

この記事を書いた人→yukiのプロフィール

ブログランキング参加しています
応援お願いします!

人気ブログランキング