囲碁上達法

初心者に優しいおすすめ問題集5選

Pocket

今回は初心者さん向けの記事です。
囲碁を始めたばかりのお子さんや、囲碁を始めたけどどの本を買えばよいかわからない方々へ、私のおすすめの囲碁入門書を紹介します!

このブログでも囲碁のルールを紹介しています。本を買う前に是非、一度お読みください。
>>>囲碁のルールまとめ。初心者が最初に学ぶべきルールはこの5つ!

ここまで苦労する趣味があるでしょうか?
初心者の頃はルールを覚えるのが大変・・・

級位者になると初段の壁に悩み
有段者になると高段者との果てしない差を感じる。。。

そもそも、囲碁って頭にいいって聞くけど本当?
この答えを私なりにまとめた記事があります。
初心者が囲碁を始めて得すること」を読めば、きっとあなたの囲碁学習のモチベーションアップにつながるでしょう。




初心者向け入門書

囲碁の初心者さんは、特に大人の方は難しい本を買ってしまいがちです。
囲碁理論の本は読む分にはいいですが
ルールの理解には役立ちません。

囲碁のルールを理解するうえで重要なのは図解です。
ここでは、私が読みやすくて続けられる本を5冊紹介します。

詰碁のおすすめ勉強方法は、「詰碁は基本の組み合わせー最も上達効率の良い勉強法」をご覧ください。

①ゆかり先生の頭がよくなる囲碁入門


ルールブックに近い本です。
全ふりがな付き、漫画形式なのでお子様に読ませるならこの本一択です。

実は、私も小学1年の時この本を読んでいました。
囲碁を習ってもつまらなかったのですが、漫画形式で読めるし、由香里先生のわかりやすい解説があったため、たちまち囲碁に興味を持ってしまいました。

数年後、4段になった私が由香里先生の指導碁を受けてこの本にサインしてもらったときのことは、今でも忘れられません。

すでにルールを知っている方にとっては簡単ですが、基礎知識の確認としても非常に有用な本ですので、シリーズを揃えて気分転換に読んでみるのも良いと思います。

読者レビュー

小学1年生の娘が読んでいます。
満足度:★★★★★
『ヒカルの碁』の影響で囲碁に興味を持った小学生の母親です。
私も夫も囲碁は全くわからないので、娘に教えてあげることができません。
いろいろ探しましたが、この本は小学生1年生の娘が飽きずに読むことが
できるよう、文字は大きく、漢字にはふりがながふってあります。また、ゆかり先生と、二人のキャラクターの会話で進行していくので、とてもわかりやすいです。子供にとってわかりやすい本ですが、親にとってもわかりやすい。
一緒に読んで私も勉強しています。大人の初心者の人にも良い本だと思います。1・2・3巻を一度に購入しましたがいっきに読んでしまいそうな勢いです。この本のシリーズで初級編が出たそうなので、そちらも読みたいです。-Review

6歳児の娘にぴったりでした。
満足度:★★★★★
6歳になる娘は、碁盤と碁石に興味津々。
でもルールを教えてもつまらないようで、
碁石を使って碁盤にお絵かきをしたりしていました(^^;
自分で読み進められる、子供にも読みやすい本はないかな?と探したところ、
全ページふりがな付きで、字も図も大きめなので、
そろそろ1年生というわが子でも読めそう……
と判断して購入。大当たりでした!
この薄さは高いですが、子供が独力で「わかる楽しさ」を手に入れられるのだから安いものです!
購入して1時間ほどで、巻末の石取りゲームをする事ができました。
全部の問題を並べて答えられたら、次の本を買ってあげるよ〜、と言ったら、
ささっと並べて「はやく次の本!」とせがんでくる始末。
どこまで興味が続くかは判りませんが、
このまま読み進めていこうと思います♪-Review

入門書の中では圧倒的にこの本をオススメします。

②0からはじめる囲碁ドリル入門

手っ取り早く棋力を上げるなら、ドリルがオススメです。
ドリルでは次々に問題を解いていきます。

これは道場での詰め碁学習に似ています。
生徒たちは配られた詰碁プリントに鉛筆で書き込み、先生が採点します。
このようにして点数式で詰碁力を測れるので自分の実力がよくわかります。
また、友達と競って勉強できるのも良いところです。

ドリルの使用方法として、直接書き込むよりは
コピーしてそれに書き込むのをオススメします。

問題は繰り返し解くほうが効率的です。
書き込んでしまうと2回目に効率が下がってしまうため、何度も白紙でチャレンジできるコピーのほうが良いのです。

読者レビュー

囲碁知識ゼロの入門者が「Fランク」レベルのCOMに勝てない理由を教えてくれる第1巻
満足度:★★★★★
日本棋院のホームページに、当bシリーズ全巻「入門・初級レベル」とありましたので購入しました(各冊100題)。 囲碁知識ゼロの私には、「これが出来たら〇級レベル」といわれても何のことかよくわかりませんでしたので、「9路盤・13路盤・19路盤」の対象者として大雑把に考えることにしました。
9路盤:入門  13路盤:初級  19路盤:中級以上(中級:15級~6級)
『ヒカルの碁』等で「布石」は何となくこんな感じかな、と最初の2手・3手位は誰でも同じように打つとは思いますが、囲碁入門者は「地の数え方」を意識してPCゲーム等をやっている方は少ないのではないでしょうか(布石の善悪判断など)。
第1巻はそういうことを判断出来るようになる為の問題が100題あります(入門レベルではありますが)。囲碁の入門レベルの講座・講義で扱う内容は、大体同量なので自分が気に入った解説書で内容を理解したら、問題を解いたりゲーム等で実践する方が定着すると思います。
-Review

③入門、初心者のためのはじめての詰碁


こちらは日本棋院出版のトレーニングブックです。
タイトルにあるように、初心者に優しい問題集です。

基本的な問題を中心に、反復して学習するという内容になっています。
初心者のうちに基本形を理解できると棋力がのびやすいです。

したがって、基本に忠実なこの問題集を読むことは非常に効果的です。

我流で強くなった人は基礎的な詰碁ができない傾向にありますが、きちんと勉強している人は棋力が低くても基礎的なことが理解できているため、一つ壁を乗り越えると一気に上がることが多いです。

その第一歩を踏み出すために、初心者の頃からこのようなトレーニングブックを読んでいくのは大切なことです。

読者レビュー

入門者向けの詰碁を扱っています。
満足度:★★★★★
詰碁の初歩となる三目ナカデ、2眼を作る問題を中心に、同じ問題や類似した問題を反復練習する形式になっています。三目ナカデが分からないと、その応用形の四目ナカデや五目ナカデ、花六といった形も理解できません。紙面も大きくて見やすいです。-Review

簡単すぎず難しすぎず、初心者向けに最適な一冊
満足度:★★★★★
本当に囲碁を始めたばかりの人でもわかりやすく詰碁を理解できる一冊。
一ヶ月ほど前に囲碁を始めたばかりの自分には他の詰碁集はどれも難しすぎたが、本書は専門用語をほとんど用いずにわかりやすく解説してくれているため、
一日で全て解き終えて詰碁の基本を覚えることができた。
最後には三目形の発展形も収録しており、簡単すぎず難しすぎず、本当にちょうどいい難易度で楽しむことができた。
ただ解説で全てのパターンをカバーしているわけではないので、自分で試行錯誤するためにも実際に碁盤やスマホのアプリを併用するとより理解が深まると思う。-Review

④基本が身につくやさしい詰碁


囲碁入門は卒業したけど、級位者向けの詰め碁でも難しく感じてしまう・・・
という方にオススメです。
詰め碁は基礎知識を持たなければ、いくら考えても理解できません。

この本は、石の生き死にについて基礎知識をまとめたものです。
今、自分が読んでいる本が難しいと感じている方は、無理に読む必要はありません。
詰め碁とは少し考えてわかるレベルのものが最適なのです。

読者レビュー

詰碁への苦手意識がある方にオススメ
満足度:★★★★★
詰碁が苦手でしたが、「はじめての詰碁」に続き、この本を読んで、苦手意識が少しなくなりました。大会でも、自分の石が殺されにくくなったりして嬉しいです。
趙治勲のひとめの詰碁を最初に買ったけど、全く解けず挫折しました。
社会人になってから囲碁を始めた方などは、はじめての詰碁、やさしい詰碁、この2作から始めると詰碁への苦手意識がなくなると思います。-Review

推定棋力18級
満足度:★★★★★
同シリーズの入門、初心者のためのはじめての詰碁―対象入門~15級 (詰碁で棋力UPシリーズ)があまりにも簡単すぎたので、調子に乗って初段になれる詰碁―級位者の夢がかなう (詰碁で棋力UPシリーズ)を購入したが、こちらの方は全く歯が立たず、買い直したのが「やさしい詰碁」である。
ちょうど「はじめての詰碁」と「初段になれる囲碁」の間にあるのが、本書「やさしい詰碁」である。
現在の私の推定棋力は18級で、同級の息子(小2)に五分五分の成績を収めることができる程度である。初めは全く勝てなかったが、本書を何度も繰り返すうちに、単純な流れは大分読めるようになった。
詰碁は、難しい問題を時間をかけて解くよりも、易しい問題を繰り返す方が効果的であるという。
18級レベルだと、本書がちょうどいいレベルであり、何度も繰り返した効果は確かにてき面だ。
難しすぎると応手自体がわからないので、勉強にならない。
それに10級前同士の実戦は、基本的に単純なせめぎ合いが多いので、練習しておくと相当に役に立つのである。
全問を即答できるようになったら、「初段になれる詰碁」に進もうと思っている。-Review

⑤基礎力のつく囲碁ドリルやさしく解ける400題


先ほど紹介したドリルよりも
ステップアップしたドリルです。

初心者の方が一番難しいと感じるのは、広すぎてどこに打てばよいかわからないことです。
囲碁は自由なゲームですが
実は、急所が見えれば1秒でも打てます。

初心者のうちは急所が見えないので、『どこに打てばよいかわからない』という状況に陥ってしまうのです。

本書の特徴
「繰り返し解いて1冊マスターした時には、10級より強くなっている事を保証します」(「はじめに」より)

本書は指導力に定評がある三村智保九段による入門者向けの囲碁の問題集です。
基本的な石の取り方から始めて、入門者がつまずきやすい「石の死活」も問題を解きながらマスターできます。

問題は全400問ですが
どれも易しく、ひと目で解けるものばかり。
子供から大人までゲーム感覚で読み進めることができます。

■CONTENTS
1日目:石を取る問題①/2日目:地を守る問題/3日目:石を連絡する問題/4日目:二眼の問題/5日目:石を取る問題②/6日目:石を取る問題③/7日目:ヨセと終局の問題/8日目:死活の問題①/9日目:ウッテガエシの問題/10日目:オイオトシの問題/11日目:ヨセの問題①/12日目:受け方の問題/13日目:生きる問題/14日目:キリの問題/15日目:死活の問題②/16日目:ゲタの問題/17日目:シチョウの問題/18日目:ヨセの問題②/19日目:死活の問題③/20日目:総合問題

読者レビュー

入門者・初心者のための基礎問題集
満足度:★★★★★
入門者・初心者のための基礎問題集です
入門書を読んでも本当に身についているかどうかはわかりにくいと思います。
それをバランス良く確認できるのが問題形式の良い所だと思います。
慣れてくれば400問を5日間ぐらいで解けるようになります。
1クール(400問)で99%以上の正解率になるまで繰り返し解きました。
いきなり詰碁の問題集にチャレンジして失敗してしまった人におすすめです。
この本と併せて、実戦、布石と詰碁を勉強すれば10級レベルになれると思います。-Review

この本では形の急所を学ぶことができるので、一局を通してどこに石を運べばよいのか感覚的に理解できるようになります。

おわりに

いかがでしたか?
様々な本がある中でも特に単純明快な問題集を選びました。
みなさんの囲碁人生の思い出の一冊になることを願っています。

初心者さん向け囲碁のルールついては「囲碁のルールまとめ。初心者が最初に学ぶべきルールはこの5つ!」をご覧ください。

さいごまで読んでくださってありがとうございます。
今までの全記事のまとめは記事のまとめページからご覧いただけます。

ABOUT ME
yuki
日々研究に追われる理系大学生。専門は脳科学。 趣味は囲碁と中国語。 性格はおだやかで人懐っこいと言われる。
詳しい自己紹介はyukiのプロフィールをご覧ください。