中国語資格試験対策

中国語検定4級を最短で合格する勉強法を紹介!

Pocket

中国語検定4級は中国語学習の入門です。

普段の生活でいきなり中国語を始めるのは不安ですよね。
慣れない文字に早いリスニング。。。

中国語検定は全検定の中で最も難易度が高い検定試験です。
中国語検定4級でも合格率は67%です。
つまり、3人に1には落ちるというレベルの高い試験なんです。
いくら参考書を読んでも、中途半端な勉強では絶対に合格できません。

このページでは、時間をかけずに効率的に勉強する方法を紹介しています。
たったこれだけをマスターすれば中国語検定は怖くありません。

中国語検定4級の勉強法まとめ

では早速、中国語検定4級の勉強法を紹介します。

HSKの日程・結果まとめ!中検とHSKの違いは何?」でも紹介しましたが、中国語検定はビジネスを意識した試験です

したがって、きちんとした文法と基礎構文の理解が必要とされます。

中国語検定4級の勉強法
  • 基礎構文を覚える
  • 基礎単語をピンインと合わせて覚える
  • 中国語の発音に耳を慣らす

基礎構文を覚える

我小两岁

この例文は大丈夫ですか?
彼は私より2歳年下です
という意味ですね。

主語++対象+大きさ
これで比較構文ができる!

このような構文問題が比較的多く出題されます。
絶対に抑えておく分野です。

基礎単語をピンインと合わせて覚える

このなかで声調の組み合わせが異なるのはどれでしょう?
① 过年 ② 饭馆 ③ 大学 ④ 自然

『高兴』のピンインはどれでしょう?
① gāoxīng ② kāoxìng ③ kāoxīng ④ gāoxìng

このような問題は苦手とする人が多いです。
特に2問目は、自分で発音できるほどピンインを覚える必要があるので難易度が高いです。

中国語検定4級では最初の10問でピンイン問題が出題されます。
単語を覚える際には、ピンインも合わせて勉強しましょう。

単語とピンインを覚えるときは、両方かける単語帳がおすすめ!
中検2級対策ノートの中身
これは私が中国語検定2級に合格した時実際に使ったノートです。

中国語の発音に耳を慣らす

中国語検定のリスニングでは、筆記の試験範囲の語句がリスニングでも出題されます。

したがって、筆記の勉強をすることがリスニング対策にもつながります。

リスニングで気を付けるポイントは聞こえるピンインを正しく認識することです。

中国語検定4級合格に必要な勉強時間

中国語検定4級に必要な勉強時間は50時間ほどあれば大丈夫です。

その代わり、きちんとポイントを絞って勉強しましょう。
特に初心者の方が苦労するリスニングについては「たった3つ!!中国語のリスニングが面白いほど伸びる方法。」を参考にしてください。

50時間の勉強では、ポイントを押さえた勉強方法が必要です。
特に中国語検定4級で求められる能力は何なのかを理解しましょう。

では、50時間の試験勉強で中国語検定4級に合格するためのポイントをチェックしましょう。

中国語検定4級の合格点と合格率

リスニングの合格点

リスニングの合格点は60点です。

リスニング内容は基本的なあいさつや文法表現です。
平均点は70点ですので、基本的な勉強をしていれば問題ないです。
【関連記事】たった3つ!!中国語のリスニングが面白いほど伸びる方法。

筆記の合格点

筆記の合格点は60点です。

筆記は基本構文がメインです。
例文を含めて覚えておくと学習しやすいです。
【関連記事】中国語の勉強法!!最も効率的に上達する秘訣とは?で紹介している2006年NHK中国語講座がおすすめです。

中国語検定4級のおすすめ参考書

効率的な勉強をするには3つのポイントがあります。
もちろん、全て独学で勉強するために欠かせないポイントなので、ぜひ実践してくださいね。

単語を覚えるときのポイント

単語を覚えるときはピンインも一緒に覚えましょう。

おすすめの単語帳はこちら

基本構文を覚える

中国語検定4級で絶対に外せないのが基本構文です。

1語で意味を表すもの、ペアで意味を持つものがあります。

これらを選別した参考書がこちらです。

中国語に耳を慣らそう

中国語検定4級は中国語の初級です。
聞こえてくるピンインが、中国語として認識できれば大丈夫です。
『キクタン』のCDを聞くのも良いですが、リスニング対策としては文章を聞く練習もしたいところですね。

おすすめ参考書はこちらです。

さいごまで読んでくださってありがとうございます。

今までの全記事のまとめは記事のまとめページからご覧いただけます。

ABOUT ME
yuki
日々研究に追われる理系大学生。専門は脳科学。 趣味は囲碁と中国語。 性格はおだやかで人懐っこいと言われる。
詳しい自己紹介はyukiのプロフィールをご覧ください。