このURLを評価 Your SEO optimized title page contents
定石・手筋

【囲碁定石研究】二間高バサミpart3

【囲碁定石研究】二間高バサミpart2」では白からの狙いについて書きました。

  1. 抑え込みから戦いを仕掛けろ!
  2. 黒の手順ミスを見逃すな!
  3. 白が方向を選ぶことができる!

まだ読んでない方は、「【囲碁定石研究】二間高バサミpart2」を読んでくださいね。

今回は③両カカリの変化を探ります。

この定石は、変化がめちゃくちゃ多いです。
全ては紹介できませんが、少しでも詳しくなりましょう

プロが嫌う二間バサミ定石の簡明策

簡単な定石

黒は若干あまいものの、簡単に打つことができます。
白としても、隅のハネツギを決めて地で行くのか、1子を動き出して右辺を荒らすのかは選択することができます。
ちなみに、黒3で4のほうから抑えるのもありますが
より効率よく石を働かせるために、図のように打つほうが多いです。

プロも好むよくある定石

黒はこのようにつけるのが普通です。プロの碁でもよくありますね。
白はいくつかの応手があるので、ひとつずつ見ていきましょう。

プロアマ問わず囲碁界で流行っている足早タイプ定石

白の打ち方を紹介

白は単に三々へ入るのが簡明かつ地にからく打つ打ち方です。
黒は押さえる方向が二つあります。
ここが1局の分岐点といっても過言ではないでしょう。

昔流行った簡明定石

簡明な変化図

黒はこのように打って先手を取ることができます。
白の1子は逃げ出すことはできますが、その代わりに黒は厚みを作ることになります。
その後の狙い

また、黒は

少しあまいものの、手厚く打つのもあります。
この形をもとに、最近では
最近はやりの新型

このような打ち方もでてきました。
黒は先手を取れるので、より石の働きが良いという主張ですね。
もちろん、互角の形です。

プロが良く打つ二間高ハサミの変化

 

こちらから抑える変化です。
白が這ってきたとき、ここで黒にまた2つの選択肢があります。

1つめは白足早な定石です。

白は黒のハネに手を抜くのがポイントです。
この図は次に白番なので、白がやや足早に打っている図です。
隅の死活は、今のところ大丈夫な形です。
一例を載せておきます。

ダメが2こ空いているので、生きてますね。
ところで、白が黒のハネに受けると・・・

2段バネが強手で、一気に黒がよくなります
画像では消えていますが黒2は18-八です。
ちなみに、黒2でのびるのは論外レベルに利かされなので、大悪手です。

2つめは難解な定石です。
難解定石紹介

このあとは変化が多く、超難解です。
ここでは、実践布石を元に研究してみます。

黒白反転しますが、お許しください。
テーマ図はこちらです。
難解定石のテーマ図

黒はとりあえず断点を守らなければならないのですが・・・・
まずは失敗例を二つ
失敗図1
失敗図2

どちらも白の厚みが強いですね。

黒の正着はツギです。
正解の進行図

対して白は、

このような実践例もあります。
よくみると黒の石はシチョウで取られていたのですが・・・

この黒2のキリが手筋で、白は崩壊します。

白の、もっとも得な受け方は、サガリです。

黒2、白3は勢いこのようになるところです。
お互いに最強を求めるときは、まずは相手の手の意図を外すように工夫するものなのです。
黒は単トビが手筋で、上辺の生きを図る目的と白からの封鎖を避ける目的があります。
白はできれば封鎖したいのですが
白は黒を封鎖できないことを示した図

黒ははっきり生きているのに対し、白には傷があるため黒が上手くさばいた形です。

あまり見慣れない手ですが
実は、【囲碁定石研究】二間高バサミpart1の①(2)Ⅰ譲歩の白の変化の、黒2が同じ手筋です)
正解手

このハネです。

続いて・・・

 

白6の出は、地としても眼としても急所なので、打っておきたい所です。
黒11のハネまで進行して・・・

ノビはあまいです。
黒は右上一帯に地があるのに対し、白の厚みは左辺黒の2子が緩和しています。
ここでは白は切る一手です。

この形は人によって評価が異なり、黒が好きな人も白が好きな人もいます。

ものすごく難しかったと思うのですが、
無理して覚える必要はありません。

定石を覚えるよりも、お互いに得をしようとする工夫に注目していただきたいです。

今回はここまでです。
次回からはさらに難解な変化をお届けします(笑)
次の記事>>>【囲碁定石研究】二間高バサミpart4

さいごまで読んでくださってありがとうございます。
今までの全記事のまとめは記事のまとめページからご覧いただけます。

ABOUT ME
yuki
日々研究に追われる理系大学生。専門は脳科学。 趣味は囲碁と中国語。 性格はおだやかで人懐っこいと言われる。 詳しい自己紹介はyukiのプロフィールをご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA