このURLを評価 Your SEO optimized title page contents
定石・手筋

【囲碁定石】小林流研究part5

今回は小林流研究最終回です。
前回の記事は小林流研究part4をご覧ください。

前回の記事のページは高段者向けの内容となっています。
級位者の方や低段者向けの記事は
小林流研究part1
小林流研究part2
をご覧いただくとより一層楽しめます。。




③2間高カカリ

テーマ図

これは、最もオススメなかかり方です。
白は簡明に打てます。

(1)黒有利

黒有利の図

抑えるのはあまりお勧めしません。

黒は押したあとに5が急所で
白は浮石になってしまいます。

ただし、この場合

白からの狙い
こんな手や

白からの狙い2
こんな手が
嫌味として残っているため

黒は3回押してはさむのが
良いとされています。
黒の有力手

(2)簡明型

足早な黒の作戦

黒1は地を意識した手ですが・・・

白は相手にせず、足早に打って簡明です。

あとからの狙いとして
白からの厳しい手

これが厳しい手です。
黒が受けると

白からの狙い続き
白は簡単に治まってしまいます。

黒は切ってみても

変化図
隅がえぐれます。

こちらを切っても・・・
変化図2

ぴったり止まります。

よって
相場の図

このくらいの相場ですが
やや黒の形が利かされなため、白打ちやすいです。



(3)小林流を活かす打ち方

小林流を活かす打ち方
ココに押すのが黒の工夫です。
次にハネが大きいので白はノビます。

テーマ図
このあと、白に選択肢があります。

1、手厚く打つタイプ

穏やかな図
ノビも立派な手です。
ココにのびていれば白は安全です。

黒2のすべりは20目ほどの大きな手ですが
まだまだ下辺が空いているという白の主張です。

2.足早なタイプ

難解定石
2子は軽く見て、打ち込みます。

以下15まで一例ですが
白が足早に打ちまわしています。
この図は好みが分かれるところでしょう。

(4)模様を広げる

黒の工夫した打ち方
こちらにケイマするのもいい手です。
対して白は

白不満のない打ち方
このように進行して、不満ありません。
仮に下辺に地を作られてもそこだけという話です。
白地の合計と下辺がいい勝負なので
先手で他にまわることでバランスが取れています。

(5)ハサミ

黒が仕掛けた打ち方
ハサミにコスミは有力です。

白十分の結果図
このように進行すると
白が治まって黒不満です。

互角の定石
この定石は黒も打てます。

このあと・・・
互角の定石続き

これもありますが

黒が打ちやすい定石
やや黒が打ちやすいようです。

このあと、

下辺の利きを頼りに、如何に
白の狙い

これを成立させるかがポイントになります。

黒は星の黒石の位置が微妙であるという欠点があります。

最近では、新小林流として
新小林流

こちらに打つほうが多いです。
黒は難しい変化に引き込むことはできないですが
地に辛いため打ちやすいという主張です。

白の注意として、簡明形を選ぶと
白は小林流対策を打っても、新小林流では黒が良い

このように、ヒラキの位置がぴったりです。

よって
新小林流の基本定石

このような進行になります。
これは
白に簡明形を打たれた時に比べて
黒地がはっきりしているので
黒の工夫が通っているということです。

やっぱりみんな地があるほうが好きなんですね(笑)

以上で小林流研究は終わりです。
他の定石もぜひ読んでみてくださいね。

ABOUT ME
yuki
日々研究に追われる理系大学生。専門は脳科学。 趣味は囲碁と中国語。 性格はおだやかで人懐っこいと言われる。 詳しい自己紹介はyukiのプロフィールをご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA