このURLを評価 Your SEO optimized title page contents
囲碁ニュース

第43期(2019)囲碁棋聖戦の棋譜・日程まとめ!

棋聖戦

第43期(2019年)囲碁棋聖戦は井山裕太棋聖山下敬吾九段の対戦となりました。山下九段は先日の天元戦で井山裕太天元をカド番まで追い詰めたものの、あと一歩及びませんでした。

井山裕太棋聖は1989年5月24日大阪府市東大阪市生まれ、日本棋院関西総本部所属です。師匠は石井邦生九段で、2012年7月24日から現在まで6年と161日間、七大タイトルのうち四冠以上を保持し続け、2018年の天元戦防衛を持ってそう獲得タイトル数が43期となり、史上単独1位となりました。囲碁界で唯一の国民栄誉賞受賞者であり、名実ともに日本囲碁界の第一人者です。

対する山下敬吾九段は1978年9月6日北海道旭川市生まれ、日本棋院東京本院所属です。緑星学園出身、菊池廉郎氏に師事。平成四天王の1角で3大タイトル歴代6位タイ、2018m年11月8日に史上24人目の通算1000勝を達成、入段後25年7ヶ月での達成は史上最速記録です。

第43期(2019年)囲碁棋聖戦の日程・対局場所・賞金など

対局 日程 対局会場
第1局 2019年1月10日(木)、11日(金) 東京都文京区「 ホテル椿山荘東京 」
第2局 2019年1月21日(月)、22日(火) 鳥取県境港市「夢みなとタワー」
第3局 2019年2月2日(土)、3日(日) 長崎県西海市「 オリーブベイホテル 」
第4局 2019年2月13日(水)、14日(木) 埼玉県川口市「旧田中家住宅」
第5局 2019年2月27日(水)、28日(木) 山梨県甲府市「常盤ホテル」
第6局 2019年3月7日(木)、8日(金) 神奈川県箱根町「 ホテル花月園 」
第7局 2019年3月14日(木)、15日(金) 新潟県南魚沼市「 温泉御宿 龍言 」
持ち時間 各8時間(残り10分から60秒の秒読み形式)
コミ 黒番6目半コミ出し
主催 読売新聞社、日本棋院、関西棋院
勝者賞金 4500万円

第43期(2019年)棋聖戦井山裕太VS山下敬吾の棋譜

棋士名 勝数 第1局 第2局 第3局 第4局 第5局 第6局 第7局
井山裕太 1
山下敬吾 0

第43期(2019年)棋聖戦第1局

対局日 2019年1月10日・11日
対局会場 東京都文京区「 ホテル椿山荘東京 」
黒番 山下敬吾九段
白番 井山裕太棋聖
結果 白中押勝ち


棋譜再生

序盤は黒が厚みを作って白を誘う展開でしたが、45手目のキリがやや甘く、実戦のようになっては白の形が良すぎました。黒は反対側に切ったほうが良かったそうです。その後の展開も井山棋聖は山下九段の攻めを上手くかわして上辺をしっかり生き、白が優勢です。115手目、黒に希があるという局面でのこの手が敗着だったようです。115では下曲げから白を攻めていく展開の方が望みがありました。実践は白のパンチが決まり、一気に終局となってしまいました。
結果:172手完白中押勝ち

第43期(2019年)棋聖戦第2局

対局日 2019年1月21日・22日
対局会場 鳥取県境港市「夢みなとタワー」
黒番 井山裕太棋聖
白番 山下敬吾九段
結果

第43期(2019年)棋聖戦第3局

対局日 2019年2月2日・3日
対局会場 長崎県西海市「 オリーブベイホテル 」
黒番 山下敬吾九段
白番 井山裕太棋聖
結果

第43期(2019年)棋聖戦第4局

対局日 2019年2月13日・14日
対局会場 埼玉県川口市「旧田中家住宅」
黒番 井山裕太棋聖
白番 山下敬吾九段
結果

第43期(2019年)棋聖戦第5局

対局日 2019年2月27日・28日
対局会場 山梨県甲府市「常磐ホテル」
黒番 山下敬吾九段
白番 井山裕太棋聖
結果

第43期(2019年)棋聖戦第6局

対局日 2019年3月7日・8日
対局会場 神奈川県箱根町「 ホテル花月園 」
黒番 井山裕太棋聖
白番 山下敬吾九段
結果

第43期(2019年)棋聖戦第7局

対局日 2019年3月14日・15日
対局会場 新潟県南魚沼市「 温泉御宿 龍言 」
黒番
白番
結果

囲碁棋聖戦のリーグ戦の仕組み

棋聖戦は他の棋戦とはかなり違っていて、選ばれたアマチュアと全プロ棋士に出場資格があります。出場資格は全棋戦のなかで一番広いです。

階級はS・A・B・Cリーグの4段階制。各リーグ優勝者とS準優勝者が変則式トーナメントを行い挑戦者を決めます。このトーナメント優勝者はS級優勝者との挑戦者決定戦に進出し、S優勝者1勝アドバンテージの変則三番勝負によって最終的な挑戦者が決定します。

挑戦者決定トーナメント、Sリーグ5時間。Aリーグ4時間。B・Cリーグ、ファーストトーナメント(各ブロック優勝者がCリーグ入り)は3時間です。

囲碁棋聖戦のアマチュア参加者は?

棋聖戦に挑戦できるのはアマチュアネット棋戦戦SA級の上位4名です。

2017年9月31日、10月1日に開催されたアマチュアネット棋聖戦では、石田太郎さん、井場悠史さん、西川貴敏さん、趙錫彬さんの四人でした。アマチュア参加者はファーストトーナメントからの出場でした。1回戦を勝ち抜いたのは井場悠史さん、西川貴敏さんでしたが、お二人とも2回戦で敗れ、アマチュア棋士のリーグ参加は叶いませんでした。

挑戦者決定トーナメントではS級優勝者の山下敬吾九段とS級準優勝の河野臨九段の対戦となり、山下敬吾九段が危なげない戦い振りで優勝を飾り、挑戦者となりました。山下敬吾九段は井山裕太棋戦にかなりの苦渋を喫しているため、ここで一つ借りを返したいところですね。

ABOUT ME
yuki
日々研究に追われる理系大学生。専門は脳科学。 趣味は囲碁と中国語。 性格はおだやかで人懐っこいと言われる。 詳しい自己紹介はyukiのプロフィールをご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA