この記事のURLをコピーする
中国のアプリ

中国で使えるおすすめVPN!無料WiFiは超危険|違法の理由

中国でおすすめのVPN

中国はインターネット規制があり、日本でよく使われるアプリは基本的に使えません。

  • Line
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram
  • G-mail

などなど、挙げればきりがないほど中国で使えないサービスがあります。

さらに日本でサーバーのような管理を所持している場合、海外からのアクセスが弾かれることがよくあります。

そんな規制の網を潜り抜けるのに必要なのが、VPNというサービスです。

VPNとは「バーチャルプライベートネットワーク」の略で、個人の仮想ネットワークを作って、(違法に)通信を可能にすることができます。

VPNには無料のものから有料のものまで数多くあり、日本製や海外製のVPNが販売されています。

yuki
yuki
この記事では、私が知る限りの中国で使えるおすすめのVPNを紹介します!

【2019.6.3追記】
Shadowsocksが規制され始めているようです。契約の際はshadowsockを避けたほうがいいかも。

私のおすすめは以下の3つのVPNです。VPNはかなりセンシティブな部分に関するので、できれば日系がいいですね。

日系でダントツの人気と安定性を誇る老舗のVPN。迷ったらこれを選んでおけばOK。

日系第2位のVPN。中国政府の遮断に対して定期的アップグレードを施して対応している点が◎。ちょっとだけ安い。

複数年契約なら圧倒的にコスパ高。軍事レベルのセキュリティを兼ね備えた心強いVPN。

中国で使えるおすすめVPN

中国で使えるVPNはたくさんありますが、本当におすすめできるのはわずかです。そもそもVPNは基本的に違法行為なので、あまりよくわからないVPNを使うと逮捕の可能性もあります。

できれば大手で信頼度の高いVPNを選びましょう。

セカイVPN【中国おすすめNo1】



接続方法PPTP
L2TP
OpenVPN
IKEv2
OpenConnect
Shadowsocks
※AndroidでIKEv2はご利用いただけません。
※OpenConnectはiOS、Androidでご利用いただけます。
IPアドレス共有IPアドレス
※接続先VPNゲートウェイサーバーのIPアドレスでの通信となります
VPN接続国日本
アメリカ
ドイツ
台湾
韓国
※Shadowsocksの接続国は日本のみとなります。
対応OSWindows
MacOSX
iOS(iPhone、iPad)
Android
使用ポート・プロトコル[PPTP] TCP1723、GRE47
[L2TP] UDP500、4500
[OpenVPN] UDP443 または UDP1195
[IKEv2] UDP500、4500
[OpenConnect] TCP443
[Shadowsocks] ユーザーごとに異なる
最大セッション数3セッション(1アカウントで最大3台まで同時接続可能)
料金月々1,080円(最初の2ヶ月無料)

セカイVPNは最も人気があり、安心感のある日系VPNです。

中国へ行く留学生も、多くの人がセカイVPNを使っています。

セカイVPNの特徴は「OpenVPN」で、安定した接続と、高いセキュリティを実現したVPNです。

月々1,080円というのはVPNで平均的な料金ですが、日本語サポートもあり、日本人にはおすすめです。

セカイVPN

セカイVPNは最初の2ヶ月無料なので、短期旅行・短期留学の方は無料で使うことができます。

これまでもたくさんの日本人ユーザーがいるので、何かあった時もサポートが充実しています。日系の中でも抜群の安定感、セキュリティの高さで有名です。

セカイVPNを調べる

月餅VPN【日系で中国ならおすすめNo2】

月餅VPN
使用ポート・プロトコルPPTP,L2TP,OpenVPN,Shadowsocks
IPアドレス共有アドレス
VPN接続国記載なし(日本、中国は接続可能確認済み)
対応OSWindows
MacOSX
iOS(iPhone、iPad)
Android
最大セッション数3セッション(1アカウントで最大3台まで同時接続可能)
料金月々920円(最初の1週間は無料)

日系で第2位の位置にいるのが月餅VPNです。

2018年ごろから中国政府の政策によって、たくさんのVPNが一気に閉鎖されてきました。そんな中でも安定した接続が保てているのが月餅VPNです。

月餅VPNの特徴であるShadowsocksは、中国の規制に特に強いことで有名な接続方式です。

さらに月餅VPNは月々の料金が他のVPNより若干安いので、コスパの良いVPNを求める人にはおすすめです。

月餅VPN

VPNは月額料金がかかるので、たった100円やすくなるだけでも年間1,200円も違います。

一般的に安くて有名な某海外VPNはありますが、VPNは自分の通信を守ってくれるかなりセンシティブなサービスなので質が悪いものを選ぶと本末転倒です。

その点、月餅VPNは若干の値段の安さがあり、さらに高品質の保証があって日本人むけということで、おすすめできるVPNです。

月餅VPNを調べる

NordVPN【中国で複数年いるならコスパ高、おすすめNo3】

NordVPN日本語版
使用ポート・プロトコルPPTP,L2TP,SSTP.IKEv2,OPENVPN
IPアドレス共有アドレス
接続国59か国3011地域
対応OSWindows
MacOSX
iOS(iPhone、iPad)
Android
最大セッション数3セッション(1アカウントで最大3台まで同時接続可能)
月々の料金11.95ドル/1ヶ月契約
5.75ドル/1年契約
3.29ドル/2年契約
2.75ドル/3年契約
(最初の30日は無料)

NordVPNは契約年数によって月々の料金が変わってきます。

セカイVPNや月餅VPNと比較してみるとわかりやすいですが、複数年契約の時の月額料金が圧倒的に安くなりますね。

国際サービスながら日本語にも対応しており、ホームページやサポートは日本語で利用することができます。

さらにNordVPNの特徴は圧倒的なセキュリティレベルです。

NordVPNプライバシー

NordVPNのセキュリティレベルは軍事レベルともいわれるほどで、最先端のテクノロジーで公衆WiFiからのハッキングもブロックしてくれます。

中国ではハッキング行為がとても激しく、無料のVPNを使っている人はかなり危険な状況にさらされています。有料VPNを使う目的の一つはセキュリティなので、この値段で高品質のセキュリティを得られるのはコスパが良すぎです。

日本公式サイト【Nord VPN】

マイIP【日本に管理サーバーを持ってる人におすすめ】

マイIP
接続形態・PPTP接続,L2TP接続
固定IPアドレス1個
対応OS・Windows 
・Linux 
・FreeBSD 
・macOS 10.11まで 
・macOS 10.12以降 
・iOS 9.3まで(iPhone・iPad) 
・iOS 10以降(iPhone・iPad) 
・Android 2.3以降
料金1,080円/月

セカイVPNと同じ会社が行なっているサービスです。

セカイVPNの人気度から見るとわかりますが、この会社はVPN業界においてかなり信頼性の高い会社なので、マイIPの利用者も増えています。

マイIPがセカイVPNと異なるのは以下の点です。

  • 海外から日本固有IPを使いたい
  • 日本でサーバー、メンテナンス管理を所有している

マイIPは名前の通り、日本固有IPを海外からでも使えるようになるサービスです。

IPというのはパソコンからの通信方法を示します。IPは国や地域によって固有に設定されていて、IPを見ればどのパソコンから接続しているのかわかります。

実は日本のサーバーの多くは海外IPをブロックするように設定されています。ブログ管理のエックスサーバーも海外IPからは接続できないみたいですね。

そのようなサーバーに海外からもアクセスしたいという人は、マイIPを使うことで日本固有IPでのアクセスが可能になります。

マイIP

中国で使える無料VPNアプリは絶対におすすめしない理由

中国で使える無料VPNアプリは絶対におすすめしない理由
VPNにはよくおすすめされている無料のアプリもあります。無料のアプリでも中国からVPNをつなぐこともできますが、無料にはかなりのリスクがあります。

VPNとは、「バーチャルプライベートネットワーク」の略で、つまり個人のネットワークを作ってくれるサービスのことです。

もしスマホからネットワークにアクセスするなら、スマホからの通信情報はVPNへ送信されます。もし無料のVPNにウイルスがついていて監視されているとしたら、あなたが送信した情報は全て抜き取られることになります。

さらにスマホでVPNを通してデータを受信する時、そのウイルスも一緒に受診してしまいます。その結果スマホ内部の情報が抜き取られたり、スマホが機能しなくなったりします。

実際に中国へ行った留学生でも、無料のVPNを使ってスマホが動かなくなってしまい、修理するハメになったと言う話はよく聞きます。何も無かったとしても、本当に何もないのかかなり気になるところです。

先ほど紹介したように、有料VPNの料金でも月々1,000円くらいですよね。この値段をケチって個人情報が取られるリスクを取るくらいなら、安心安全なVPNを選んで契約した方が、結果的に何倍もお得になります。

無料のVPNにはかなり高い確率でウイルスがついていて、携帯が故障する事例が多発しています。それを覚悟の上自己責任で契約してください。

中国でVPNを使うのは違法【要注意】

中国でVPNを使うのは違法【要注意】
中国ではVPNの使用に制限が設けられています。いわゆる違法VPNとは中国政府公認外のVPNのことで、日本製のVPNも違法に含まれます。
実は以前、VPNの使用過多で逮捕された事例がありますので、中国でVPNを使う場合は注意するようにしましょう。

中国で気をつけるべきVPNの使い方

中国でVPNの使用による逮捕が起こるのは、かなり稀な状況です。先ほどの事例もVPNによる逮捕なのか、他の理由を隠すためにVPN使用を理由にしたのかは定かではありません。

とはいえ過剰なVPNの使用は監視対象になりうるので、以下の点に気をつけましょう。

  • 長期間頻繁にアクセスするのは避ける
  • 非営利目的であってもVPNを介して政治的に関与する行為は危険
  • 営利目的でVPNを使用する場合は金額によって処罰が異なる

ただVPN使用者は数え切れないほどいるので、中国政府としても短期留学生をいきなり取り締まることはないと考えられます。

これまでも日本人留学生がVPNで逮捕された事例は聞いたことがないので、あまり気にしなくてもいいのかなと思います。

政治的な活動は結構リスクがあると考えられるので、VPNを使用した政治行為は控えましょう。

中国で公式にスマホを使うためには

中国で公式にスマホを使うためには、現地のSIMカードを購入すればOKです。

現地のSIMカードを購入すると、WiFiがない環境でもスマホを使うことができるようになります。

ただ、この場合は中国政府による規制をもろに受けるので、ラインやツイッター、グーグル系は使えません。

種類豊富な中国のSNSがアツイ!【人気のアプリでプロモーション】」で紹介したアプリを駆使して生活することになります。

中国でVPNを使わずに日本へ連絡する方法

中国でVPNを使わずに日本へ連絡する方法
実はVPNを使わなくても、日本と連絡する手段はあります。

日本で主に使われているグーグル系のアプリだったり、モバイルメールは使えないので、その他のサービスを利用することになります。

中国で使える有名アプリ
  • Yahooメール(@yahoo.co.jp)
  • InstagramのDM
  • スカイプの有料版

この他にもいくつかありますが、有名どころはこの3つです。

特にYahooメールはいろんな人が無料で作れる有名なメールなので、VPNを使う人でも念の為準備はしておきましょう。
ただ、最近ちょっとYahooの雲行きが怪しくて突然遮断される可能性があるので100%安心ではありません。

短期で中国に行くなら、「ポケットワイファイ」が一番人気です。
ちょっとだけ値段は上がりますが、圧倒的な通信の質が手に入るので何よりも安心です。

中国で使えるおすすめVPNまとめ

中国はネット規制をしていますが、だからこそ中国独自のIT技術が成長したと言う見方もあります。

とはいえ長期間中国を訪れる人にとって、普段使っているアプリが使えないのは不便でしかないので、何かしらの対策が必要です。

対策として最も有効なのはVPNサービスを利用することで、中国でリスクの高いハッキングも阻止することができます。

みなさんも中国へ行くときはネット回線の確保だけでなく、個人情報のセキュリティにも気をつけて、便利な中国のインターネットを存分に楽しんでくださいね!

yuki
yuki
私も中国留学ではVPNの利用を考えています!

日系でダントツの人気と安定性を誇る老舗のVPN。迷ったらこれを選んでおけばOK。

日系第2位のVPN。中国政府の遮断に対して定期的アップグレードを施して対応している点が◎。ちょっとだけ安い。

複数年契約なら圧倒的にコスパ高。軍事レベルのセキュリティを兼ね備えた心強いVPN。

【人気記事】中国で使えるおすすめVPN【無料WiFiは超危険】【違法の理由】

【おすすめ】中国語を活かせる仕事へ転職できる5つの手順【未経験から正社員へ】

この記事のURLをコピーする
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA