中国留学

留学前には勇気を持って歯医者に行こう!

留学前に歯医者に行く

「留学前には歯医者に行っておきましょう」

という言葉を耳にしたことはありませんか?

その理由は簡単で、「海外では歯科治療に保険が下りず、治療費が高くなるから」です。

別に海外でも歯医者に行けるけど、値段が高いから日本でやっておくべきなんです。

しかも歯医者は短期で終わりません。必ず半年前には行動を始めるべきです。

今回は留学半年前の私が経験した、歯医者のエピソードをみなさんにもお届けします。

yuki
yuki
留学前だけど長年歯医者に行っていないというあなた!
私と一緒に頑張りましょう!

留学半年前、勇気を持って歯医者へ

私が歯医者に行くことを決意したのは留学半年前の3月のことです。

yuki
yuki
ちょっと歯が痛むなぁ。留学前だし、歯医者でも行ってみるかな

歯が痛むとはいえ、どうも虫歯ではなさそう・・・
特にしみることもなければ、痛みが持続するわけでもありません。

ただ、時々強い痛みが現れるという謎の現象に悩まされ、評判の良い歯医者さんを予約。

運悪く(良く?)歯医者さんの日は全く痛くなくて、複雑な気持ちでドアを開けました。

3年ぶりの歯医者で衝撃の診断結果

私が歯医者さんに行くのは3年ぶり。

もともと虫歯があった気がするけど、面倒だったので放置していました。
3年前は少し通ったことがあったけど、途中面倒になってやめちゃいました(笑)

そんなこんなで、診断結果を見る前から不安が押し寄せます。

留学のためとはいえ、あんまり痛いことされるのは嫌だな・・・

さて、気になる診断結果は

  • 上の歯が全体的に虫歯
  • 特に上の歯の右側に一つ大きな虫歯。神経までいってる可能性なくはない
  • 右上に親知らずが生えてて虫歯になってる
  • 下の両サイドの奥歯が虫歯

私の場合、基本的に奥歯の歯と歯の間に虫歯がありました。

奥歯の歯と歯の間は歯ブラシが届きにくく、一番虫歯になりやすいらしい。。。

この診断を受けて、とてもとても落ち込みました。。。

というのも私は、数ヶ月前から毎日歯磨きをしていたし、口内環境を整える努力はかなりやっていたつもりでした。
先生曰く、「歯間ブラシをしないと意味ない」そうです。

家に帰った私は、放心状態。

ルームメイトが気遣って話しかけてくれましたが、全く耳に入ってこなかった。

「今まで何やってたんだ〜〜」

という後悔でいっぱいでした(笑)

留学への気持ちで乗り切る

歯医者さんにいった次の日。

朝起きて真っ先にするのは、もちろん歯磨きです。

歯間ブラシも忘れずに。

▼先生のおすすめはこれ

糸巻きタイプで、歯と歯茎の間まで届きやすいんだとか。

でもちょっと難しかったので、私は普通のを使っています。

毎日毎食後、歯磨き10分と歯間ブラシをしっかりやることを心に決めました。

そして時間が経つにつれ、考え方もポジティブに。

  • いいきっかけだったし、歯を大切にしよう
  • ちょっと痛いくらい、大したことじゃないし
  • 貴重な経験だから、記事ネタになる(美味しい)

衝撃の診断から一晩挟んだだけで、もう頭の中はこんな感じです。
なんだか歯医者に行くのがワクワクする。

このポジティブさが私の取り柄ですね。

ということで、これから歯科治療頑張ります!!

歯科治療前日、激しい痛みに襲われる

歯科治療を前日に控えた3月13日。

この日は孔子学院の見学に行きました。
【関連記事】留学前に孔子学院で中国語を鍛えます!【現在執筆中…】

ところが、朝からどうも歯が痛い。

明日削られる歯たちが自分の運命を悟ったのだろうか。。。

これまでだったら外に出ているときは痛みを感じないんだけど、今日はすっごく痛かった。

てか、今から痛いんだから明日どんなに痛いことされてもこれ以上にはならないかな〜と割り切ってみる。

でも痛い。

しょうがないのでロキソニンを買って、おとなしくしていました。

頑張れ、明日の自分。

歯科治療1日目にして最大の山場

いよいよこの日がやってきました。

虫歯5本の治療と親知らずを抜きます。

実は前日に「中国留学を決意しました!【きっかけ・将来の夢】」を投稿したら、Twitterでたくさんのメッセージをいただきました。
こんなに怖い1日だったのに、みんなのメッセージを見てたらすごく勇気が出てきました!

本当にありがとうございます!

朝10時半になって、いよいよ運命の時です。。。

時間ぴったりに到着すると、先生自らお出迎え。

相変わらず雰囲気が良い。

これからこの人に激痛を食らわされるのか、と疑ってしまうほどである。

虫歯治療ついに始まる

ということで治療開始

最初に麻酔です。
ゆっくり、数本の麻酔がかけられました。

歯の麻酔なんて15年ぶりくらい。

こんな感じだったかなぁ

特にきついことではありません。
たまに麻酔アレルギーで気分が悪くなるので、気をつけましょう。

先生からも「気分は大丈夫?」と聞かれましたが、「全然OK」と即答。

この程度で参っていたら、次の出来事には耐えきれないだろう。。。

麻酔がかかると、虫歯治療が始まります。

虫歯治療はまず虫歯の部分を削り、削った場所にシートをかぶせて穴を塞ぎます。
虫歯が小さいときは詰め物をして埋める場合も。

虫歯を削るときは痛みは感じません。
でも、ドリルの振動が頭を伝わってクラクラする。。。

初めての感覚に、ちょっと苦しいような、貴重な気分のような、複雑な気持ちでした。

▼虫歯と歯の図
虫歯の原理
R.V. TUCKER STUDY CLUBSより

虫歯はどんどん歯を蝕んでいき、歯の中の神経まで到達してしまうと、歯の中身を全てくり抜いて消毒しなければいけません。

幸いなことに、私は神経までは虫歯に侵されていませんでした!!

一番大きな虫歯があった右上の歯で大丈夫だったから、他の歯も無事だろうとのこと。

本当に良かった。。。

ちなみにさっきのシートは、2種類あります。

  1. 銀シート・・・1本3,000円。銀色で目立つし、最悪接着が剥がれる
  2. セラミック・・・1本60,000円。白で目立たず、接着も取れない

「どっちがいい?って、学生に聞く質問じゃないだろう。」と思いつつも、当然銀シートを選択。

銀シートは保険が効くのでもっと安くなって、私は3本やってもらって治療費が6,500円でした

歯に接着剤を塗って、シートをぐりぐり。。。

歯がここまで押される感覚はなかなか無いですね。

痛くは無いけど、おぉ。。。って思いました。

時々噛み合わせて、シートの接着を確かめます。

先生もぐりぐりやって確かめてる。

先生「これ痛く無い?」
私「はい、大丈夫です。うまくくっついてますか?」
先生「うん、いい感じだね。もう一回口開けて?」
私(あれ、また確認するのかな?)

先生は私の歯をぐりぐり。。。

あぁ、シートが一箇所ずれてたのかな???

うん???

引っ張られてる?????

先生「はい、終わりですよ〜〜」

私「!?」

まさに一瞬の出来事でした。

口をゆすぐと、わずかに血がに滲んでいます。

目の前には、血に染まった親知らずが。

yuki
yuki
すっごく痛いと思っていたのに、何も感じ無いうちに終わってしました。

診察台の上では心臓バクバクだったのに。。。

終わってみると、終始痛みを感じませんでした

抜いた親知らずは記念にもらいました。
お父さんとお母さんに見せてあげよう。

親知らずを抜くとそこから細菌感染のリスクがあるので、抗生物質を渡されます。
念の為ロキソニンも渡されました。

夜に麻酔が切れても、親知らずは痛みませんでした。
翌日の消毒でも経過良好。出血もそれほどありません。

丁寧に治療してくださって、本当にありがとうございました!!

まだまだ治療は続くので、他の歯の治療も頑張ります!!

結論、留学前には歯医者に行こう

歯医者って何されるかわからないし、痛くて怖いイメージですよね。

もちろんそれは否定しません。

私は今でも歯医者が怖いし、痛いのは絶対に嫌です。

でも海外での歯科治療には莫大な費用がかかります。
そして、歯が痛い状態では、せっかくの海外生活も楽しめないですよね。

私は留学前のこの時期に歯医者に行く勇気を持てて、歯の治療に着手できて本当に良かったと思っています!

留学まであと5ヶ月半、それまでに歯をピカピカにしたいと思います♫

学生さんは大学の医療費補助あるいは生協の保険で医療費の返還を求めることができます。
社会人の方でも医療費控除を受けることができるので、領収書は大切にとっておきましょう!

【人気記事】中国語に電子辞書は必要?答えは「おすすめ」です

【おすすめ】中国で使えるおすすめVPN【無料WiFiは超危険】【違法の理由】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA