中国語上達法

【中国語】無料の辞書には要注意!【大失敗した経験談】

無料の辞書はおすすめしない

無料の中国語の辞書というと、「weblio」を使っている人が多いかもしれません。

私もよく使う辞書なのですが、以前この辞書を使って大失敗した経験があります。

辞書の質でいうと紙の辞書が一番良いのですが、お値段的に高いことや、ピンインがわからない言葉を調べるときにちょっとめんどくさいです。

無料のオンライン辞書は手書き入力をすればピンインがわからなくても簡単に調べれるのですが、ピンインが間違っていたり言葉の説明が不足していて誤解が生じます。

以上を踏まえて、私が一番おすすめするのは「百度百科」です。

全て中国語なので中級以上向けですが、ピンイン表記は正しいし英語の説明もあってわかりやすいです。

中国語初心者の方は、中国語検定3級に合格するまでは「weblio」でOKです。

中国語検定2級以上の方は百度百科を使ってくださいね。

中国語のおすすめ辞書
中国語に電子辞書は必要?答えは「おすすめ」です【2019最新】中国語のおすすめ電子辞書を探していますか?私はweblio辞書のウェブ翻訳を使ってすごく失敗した経験があります。独学で中国語を勉強する初心者さんには特に電子辞書でピンイン、漢字の例文や日本語を調べて欲しいです。この記事ではカシオ、シャープ、canonのような手書き検索できる大手有名電子辞書などを紹介しています。...

無料で使える中国語の辞書とは

無料で使える中国語の辞書としては、「weblio」が一番有名です。

基本的な単語や熟語は一発でわかるので、非常に便利です。

中国語で単語を調べるときに厄介なのが、ピンインがわからない単語を調べにくいことですよね。
でもスマホで使える辞書は、手書き入力をすれば感じそのままで検索できます。

特に紙のテキストで勉強しているとコピペができないので、ピンイン以外の検索方は超重要です。

  • ピンインがわからない単語を手書き入力で調べる
  • 単語の意味を一言で知りたい
  • 初心者だから無料で日本語表記の辞書が使いたい

一方で、無料の中国語は使い方が難しいです。

無料の辞書は単語の意味が一言で表記してあることが多く、違う単語でも同じ説明が適用されていたりします。

そのため単語同士の違いがわかりにくくて、良い意味で使う単語と悪い意味で使う単語の区別ができません。

  • HSKの勉強で無料辞書を使う
  • 中国人と会話するときに単語を調べる
  • 上級者が単語学習として使う

無料の辞書を使って会話したら大失敗した話

私がまだ中国語を初めて間もない頃、CCTalkで知り合った友達と仲良くしていました。

その子はオーストラリアに8年間留学していたので英語ペラペラ。

ある日、私の英語の課題を手伝ってくれました。

weiboで勉強した英語の文章

英語の授業のプレゼン原稿です(笑)
立派すぎる文章を作ってくれたので、スラスラ読めるように練習するのはすっごく大変でした…

こんな感じで親切丁寧に教えてくれたその子に、私はお礼がしたくなりました。

yuki
yuki
よし、中国語を使って、感謝の気持ちを日記に書こう!

今思えば、この頃からブログが好きだったのでしょうか。

私はweiboに日記を書きました。

weiboの日記

なんとも可愛らしいですね。

ちょっと恥ずかしいですw

ただ、この文章で使った一つの単語が大間違いだったんです。

問題なのは「她教英语教得很殷勤,虽然我英语说得不好」の部分。

「殷勤」という単語は、私が無料の辞書で調べて書いた単語です。

weblioの単語
weblioより

このような説明があったので、私は良い意味の単語なんだと思い、感謝の気持ちを込めて文章に取り入れました。

ただ、「殷勤」には「こびを売る」という悪い意味で使うことが多いと、他の友人から指摘されたのです。

yuki
yuki
ええ!?そんなの知らなかった!
これじゃ感謝どころか、バカにしてる意味になっちゃった…

辞書には全く書いてなかったのですが、やはり中国人の感覚と日本語辞書の感覚は違うみたいです。

友達は優しかったので、笑って許してくれました。

weiboのコメント
yuki
yuki
今後はちゃんとした辞書で言葉の意味を調べようと決意したクリスマスの出来事でした。

中国語学習に本当におすすめな辞書

百度百科

私がおすすめする無料の辞書は、「百度百科」です。

百度百科は中国のサイトなので、全て中国語です。

単語には中国語の解説と英語の表記があるのですが、日本語はありません。

中国語のサイトを使うメリットは、以下の3つがあります。

  1. 基本的に調べたい単語全てが載っている
  2. 簡易的説明と詳細が分かれていて見やすい
  3. ピンインや意味に誤りがない

日本語の辞書を使っていると、「このピンイン違うじゃん…」ってことがたまにあります。あと、意味もちょっとわかりにくい。

一方で百度百科は、中国人が作っているのでピンインや意味が正確です。(最近の流行りでピンインが変わった言葉には例外あり)

中国語検定準1級とかHSK6級とかのレベルを勉強していると、日本語の辞書には載っていない単語をよく見かけます。

そんな時は百度百科で調べるか、百度で単語検索かけるのがメジャーな方法です。

中国語の説明を読むのは疲れる作業ですが、中国語が読めるなら中国語の説明を読んだ方が正しく理解できますよね。
もちろん、中国語の説明がわからなければ日本語で調べてOKです。

百度百科では少なくともピンインが正しくわかるので、日本語の意味は「電子辞書」で調べるのも、初心者の方にはオススメの方法です。

語学習得には、インプットが必要不可欠です。

たくさんの単語を覚えることはリスニング力にもスピーキング力にも影響します。

みなさんもぜひ、辞書を使いこなして中国語の勉強頑張ってくださいね!

yuki
yuki
私も百度百科を使いながらHSK6級合格目指して頑張ります!

以上、「【中国語】無料の辞書には要注意!【大失敗した経験談】」でした!

【人気記事】中国語に電子辞書は必要?答えは「おすすめ」です

【おすすめ】中国語を活かせる仕事へ転職できる5つの手順【未経験から正社員へ】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA