中国語上達法

たった3つ!!中国語のリスニングが面白いほど伸びる方法。

今回は中国語のリスニングについてです。

第2外国語として中国語を学んでいる方
社会人になって仕事のために勉強する方

皆さんの学習背景は様々だと思います。
しかし、共通して悩める部分が一つ。。。

中国語は発音が難しい!

ですよね。

漢字を読むのは我々日本人には負担が軽いですが
聞きなれない音を聞くのは大変なことです。

しかし、リスニングはポイントを押さえるだけで劇的に伸びます。
正しい方法で鍛えればすぐ伸びるのに、みんなが苦労している。

だから中国語のリスニングができる人は重宝されます。
いわばリスニングは穴場のようなテクニックなのです。

このページを読めば、あなたもそんな貴重な人材の仲間入りです。
では、実際にご紹介しましょう。

中国語のリスニングが面白いほど伸びる方法

リスニングトレーニング
  1. 中国語のリズムに慣れる
  2. 自分でも発音してみる
  3. 知っている言葉を増やす

中国語のリスニングで一番困るのが、声調とスピードですよね。

多くの中国語学習者は中検3級からリスニングへの意識が高まります。
中国語検定3級は日常会話の基礎レベル、つまり試験でも普通の会話として発音されるので若干音が繋がっていたり強弱があって聞きにくい部分があります。

中国語には日本語に無いリズムがあります。
そのリズムに慣れることで、驚くほど聞き取れるようになります。

中国語の発音は独特で、「ji」「qi」など、初心者の方には聞き分けがかなり難しいものもあります。検定試験などではわざと聞きにくくしているとかいう噂もありますから、特に注意が必要ですね。

このような発音を見分けるには自分で発音してみるのが一番です。発音するときにどんな違いがあるのかさえわかれば、息遣いやちょっとした音の違いにも気づけるようになります。

中国語リスニングの基礎を学べる2006年NHK中国語講座


ドラマ形式の講座で、日常でよく現れる24のキーフレーズを学びます。

スーパー講師の陳先生を先頭に、個性豊かなメンバーが独特の雰囲気を作り出します。

特に2006年のNHK中国語講座は史上最高の神回と称されるほどクオリティが高く、私は高校時代に何度も何度も繰り返して見ていました。

NHKの講座ではゲストが知名度で選ばれるため、学習に真剣でないケースもよくあります。

その点、谷原さんは本当に中国語をマスターしようと頑張っているなと感じます。

谷原さんの真剣な発音を聴くと、視聴者の私達も一緒になって頑張ろうという気持ちにさせてくれます!

発音の基礎から学べる青島日美外語専修学校初級


こちらも中国語の基礎を学ぶ講座。

NHKがドラマ形式なのに対して、こちらは講義形式です。

最近流行りのDVD授業のように、動画を見ながら先生の話を聞きます。

無駄な雑談や会話には興味がなく、勉強の重点だけをまとめて集中的に学びたい方に向いています。

先生の授業はとってもわかりやすいので、この動画が気に入ったら本来の授業も受けてみてくださいね。

実用的な中国語を学ぶ2006年NHK中国語講座後期


先ほどのNHK中国語会話の続編です。

後期では、前期で学んだキーフレーズを実践します!

番組の最後には豪華ゲストのインタビューもあり、私はこれを本当に繰り返し見ていました。

自分で中国語を使う感覚を養い、中国人の生の中国語を聞くことで中国語力が一気に伸びます。

リスニングの最高の勉強方法は自分から発音すること

中国語のリスニングにおいて、シャドーイング練習は非常に有力な方法です。
聞き取る力を身に付けるには、その発音の仕方を知る必要があります。

シャドーイングする時のポイントは3つあります。

(1)リスニング教材の中国語と同じスピードで本を音読する

リスニングを意識して読むときにはゆっくり読んではいけません。
なるべくCDと同じ速さで読むことが効率的です。

(2)自分の中国語の発音を録音して聴く勉強法はかなり有効

最初は恥ずかしかったり、信じられなかったりします。
もっと上手に読めてるはずなのに・・・
ということはよくあります。

どの単語を強調して読むのか?
というのを意識するとよりリスニング慣れできます。

(3)難しい発音は中国語の先生に聞いてもらう

これは独学では厳しいかもしれません。
留学生が身近にいる人はその人に聞いても良いでしょう。

とにかく、シャドーイングの弱点は
発音に癖がつく可能性があることです。
リスニングができないうちは発音もできません。

教わることで発音の特徴が掴めてリスニングも簡単になります。

私は中国版スカイプで中国人と通話しながら朗読の勉強をしていました。
友達もはっきり指摘するタイプだったので、私の朗読特訓は3時間ぶっ通しで行われることもありました。

この経験は私が独学で中国人と変わらない発音ができるようになったきっかけだと思います。

中国語のリスニング力が伸びる教材・参考書3選

リスニング力をアップするのに効果的な参考書を3つ紹介します。
全て私が購入して実践した本ですので効果はお墨付きです。

(1)NHKワールド・ラジオ日本 中国語リスニング

なじみある日本文化についての中国語の文章が録音されています。
アニメの話やメイド喫茶など、聞いていて非常に面白い内容なので、飽きずに勉強を進めることができます。

まずは中国語を聞きます。
次に文章に関する問題を解きます。
その後にシャドーイングの項目があります。

中国のレベルはやや高く、中検2級以上のレベルです。
私が中検2級合格直後に解いたときは正答率7割ほどでした。

趣味で中国語を勉強する方や本質的に中国語力を身に付けたい方は是非、挑戦してほしい本です。

Amazonで探す

楽天で探す

Yahooショッピングで探す

(2)耳が喜ぶ中国語 リスニング体得トレーニング


これは有名な本でしょうか?
数々の実績を残してきた本です。

中国語ネイティブの発音やスピードに慣れるためのリスニング問題がそろっています。

Step1では中国語検定3級レベル、そこからだんだんレベルアップしていく短文が読まれます。

このリスニング教材を勉強しきれば、あなたのリスニング力はネイティブと変わらないほどに進化するでしょう。

Amazonで探す

楽天で探す

Yahooショッピングで探す

(3)聴読中国語


やはりこの本は鉄板でしょう。
リスニングについて最もまとめられており、
スピード語彙力共に他に類を見ないほど豊富な内容です。
この本をマスターすれば中国語は問題ないでしょう。

レベルとしては中検2級上位から中検隼1級レベルです。
難しいので中級者以下の方にはおすすめできません。

Amazonで探す

楽天で探す

Yahooショッピングで探す

日常会話レベルの中国語のリスニング学習法

こちらはちょっと発展したリスニングトレーニングです。中国でも人気のある番組を見て、楽しみながらリスニングを鍛えます。字幕がついているので、中国語検定2級を目指す人からはこちらもチェックしてみてくださいね。

標準中国語リスニングに最適!中国のテレビ番組、挑戦不可能!


中国のテレビ番組です。

不可能に挑む、一般人を超越した能力を持つ人たちの番組です。

この番組は中国でも非常に人気のある番組で、本当に面白いです♪

ちなみにこの動画の松明さんは、日本で心理学を学んだそうです。

DAIGOさんとのライバル関係もあるのでしょうか?

にしてもかっこいい・・・

ちなみにこれは中国全国向けの番組なので、中国語は標準で非常に聞きやすいです。

キレイな発音なので、リスニング初級者でもわかるかもしれません。

方言交じりの中国語リスニングに挑戦!おわらい番組


お笑い番組は、リスニング動画の中でも最高レベルの難易度です。

早口、流行語、方言。

中国語の語感、ニュアンス、つぼを理解しないと付いていけません。

この動画はまだ優しい方ですが、東北のお笑い番組なんて見たときには絶句しました。

私のレベルでは音だけでは全く聞き取れなかったです・・・(笑)

ニュース番組でビジネス中国語を学習する

CCTVニュース


中国のニュース番組です。

政治やドラマを中心にひたすら放送されています。

中国語のリスニング力が劇的に上がる3つの方法

リスニングトレーニング
  1. 中国語のリズムに慣れる
  2. 自分でも発音してみる
  3. 知っている言葉を増やす

中国語のリスニングは、中国語のリズムに慣れることが一番効果的なトレーニング方法です。

たくさんの中国語に触れて、たくさん楽しんで、これからも中国語の勉強を頑張ってくださいね!

ABOUT ME
アバター
yuki
名前:yuki 日々研究に追われる理系大学生。専門は脳科学。 趣味は囲碁と中国語。 性格はおだやかで人懐っこいと言われる。 詳しい自己紹介はyukiのプロフィールをご覧ください。
yuki
yuki
Twitterフォローお願いします

おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA