この記事のURLをコピーする
定石・手筋

囲碁の新手研究!ツケヒキ定石の新しい試み【超マイナーなハメ手】

今日は、囲碁のツケ引き定石についての新手研究です。

テーマ図はこちら
テーマ図

結論から言うと、白は不満のないワカレになります。

では、白の応手をひとつずつ見ていきましょう!

囲碁の新手研究!ツケヒキ定石の新しい試み

では、囲碁のつけ引き定石について、死んてが登場しているのでこの変化を詳しく研究していきましょう。

ツケヒキ定石の変化①コスミ

ハマりの図
まずはこう打ちたくなります。
実際に、多くの人がこうして騙されてきました。
これから全面戦争を始めようという白ですが
黒には対応策があります。

ツケヒキ定石の変化①-1ツケ

黒の応手
黒は、最強に白を分断していきます。
この手が成立すると、白は苦しいですね。

次に下辺が危ないので何か打たないといけません

進行図
サガリが一番筋のよい手ですが・・・・
8までが黒の狙いです。

スミの死活は
ハネあり一号枡ですね。
この形は通常コウですが
白の反撃手

外をつめて
結論図

白から打つと


ヨセコウです。
黒は隅が簡単に死なないため、気軽に打つことができます。
仮に取られても、序盤から白に手をかけさせて取らせれば他の部分で十分に元が取れます。

無条件では取られません。
黒勝ちの図

攻め合いは黒勝ちです。
中手の攻め合いについては「【保存版】これでもう困らない!攻め合い手数のまとめ」をご覧ください。

ちなみに、外への脱出は難しいです。

黒の応手が良く、白は脱出できない
これは8のブツカリがいい手で、白は脱出できません。

辛うじて脱出したところで
いいことがあるかどうかもわからないですね。

最初に戻って

白は、生きるだけなら生きれますが
黒が有利な変化図

黒が厚い上に後手
更にスミの味消しもあり、かなり損です。

ツケヒキ定石の変化①−2ケイマ

では、穏やかに打つと?
白の穏やかな戦法

これに対して、黒は
あの新型定石がぴったりです。

一時期流行ったツケヒキ定石の変化図
これです
今でも流行ってるのかな(笑)

つづいて・・・

続き
ここまでです。

互角の定石とされています。

一般の定石と比べて

黒が得していることの証明
この交換がわずかに黒得なので、黒良しです。

よって

白のコスミは失敗です。

ツケヒキ定石の変化②サガリ

白の正着
これが、白の正着です。

ツケヒキ定石の変化②-1辺を開く

黒が右辺を開くと、
白不満のない定石

白は厚く、不満がありません

黒はこのような工夫も考えられますが・・・
黒の工夫

白も反発します。
黒の工夫に対する白の応手

やや白地が大きいようです。
途中、黒は抑えた瞬間
切られてしまうので伸びるよりありません。

このときだけ
黒が戦いを誘っても白は乗らない

抑えて乱戦に持ち込めますが
白は戻っていてわかりやすいです。

黒は後手で抑えたのと同じになりますね。

つまり、黒からのおさえは後手なのです。
黒の抑えは後手の説明

スミの白の打ち方は他の場面でもよく出てきますね。

隅の攻め合い説明
このように、白一手勝ちです。

ツケヒキ定石の類似系

よって、黒は下辺を受けることになるのですが
白の攻め方

こちらの1子の動きを制限できれば白は大満足です。
サガリが来ている分黒地の損も大きいですねです。

このあと、黒には2つの選択肢がありますが

ツケヒキ定石の類似変化(1)外から利かす

黒の打ち方1
白は受けていて十分です。
黒1子がはっきり持ち込みになっているので
白よしです。

ツケヒキ定石の類似変化(2)動き出し

黒の打ち方2
白は中央が厚くなります。

黒は地で得しようとすればするほど
白のサガリが光るのでなかなか良い図ができません。

よって、サガリで黒の新手は失敗に終わります。

ここまで一生懸命、研究しましたが
水の泡になりました。

いくら有力図が作れても
一つ失敗図があれば失敗手になります。

その試行錯誤を経て、定石が誕生するのです。

とはいえ、状況しだいでは有力になり得るので
ぜひ試してくださいね!

以上、「囲碁の新手研究!ツケヒキ定石の新しい試み」でした!

【人気記事】絶対に読むべきおすすめ囲碁本・棋書
【おすすめ】パンダネット囲碁の評判!実際に使って気づいた魅力

ABOUT ME
アバター
yuki
名前:yuki 日々研究に追われる理系大学生。専門は脳科学。 趣味は囲碁と中国語。 性格はおだやかで人懐っこいと言われる。 詳しい自己紹介はyukiのプロフィールをご覧ください。
この記事のURLをコピーする

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA