このURLを評価 Your SEO optimized title page contents
囲碁ニュース

囲碁のアルバイトは稼げる?【大学生は好きになれる仕事を選ぼう】

囲碁のアルバイトは稼げる?【大学生は好きになれる仕事を選ぼう】
囲碁のアルバイトを探す大学生
囲碁のアルバイトを探す大学生
囲碁のアルバイトがしたいけど、全く求人が見つからない。囲碁の仕事なら楽しく働けると思うから、なんとかアルバイトを見つけることはできないかな

今回はこのような悩みを持つ大学生へお届けする記事です。

囲碁のアルバイトって求人を見ても全く情報が出てこないし、そもそもどうやって人を雇っているかもあまり知られていないので困る人も多いと思います。

結論から言うと、囲碁バイトはコネがないと厳しいです。

私がお仕事させてもらった囲碁バイトも3社ありますが、全てコネから派生したものでした。大学1年生の頃に囲碁バイトを求め、個人で20件以上碁会所に声をかけたものの全敗でした。。。

この記事では、囲碁バイトの実情と大学生が自分にあったお金稼ぎをする方法について、現大学4年生の私からアドバイス差し上げようと思います。

この記事のポイント
  • 囲碁バイトは先輩かOBを頼るべき
  • アルバイトの基準は自分のスキルアップがあるか
  • どうしても囲碁でお金稼ぎしたいならブログもおすすめ

この記事はyukiの意見を書いているちょっとスパイスのある記事です。コメント欄には大変ためになるコメントが寄せられています。この記事を読み終わった後は、ぜひコメント欄でほかの読者の方の意見をご覧くださいね!

囲碁のアルバイトは稼げる?【大学生は好きになれる仕事を選ぼう】

囲碁のアルバイトは稼げる?【大学生は好きになれる仕事を選ぼう】

囲碁のアルバイトをゲットする方法

囲碁のアルバイトをゲットする方法は、コネに頼るのが99%です。

囲碁の世界はとても狭くて、人の繋がりがかなり強いです。困ったときは○○さんに頼もうとか、○○くんが今後引っ越してくるから新しく先生してもらおうとか、求人を出す前にほぼ決まります。

そんな場所へ突然知らない人が雇ってくださいと訪問しても、まず相手にされないです。

私の場合は実力試しといってそこのインストラクターと打たされた事例が3件ほどありました。結果は全て私の圧勝でしたが、採用されることはなかったです。うち1件が席料永年無料のお客さん認定してくれたくらいですね。

囲碁教室のインストラクターとかだと、強豪校の先輩から後輩へ受け継がれるケースがほとんどです。それも先輩が認めるくらい実力がないと厳しいので、少なくとも野狐囲碁六段は欲しいです。

ただ、事務系のお仕事だとその学校のOBからメーリスで、棋力に関わらないバイト募集が回ってくることがあります。パンダネットとかはその類です。

囲碁のアルバイトの内容は?

囲碁のお仕事には大きく分けて、インストラクターと事務系があります。

インストラクターは先ほど紹介したように、先輩から後輩への受け継ぎが多いので外部の人が立ち入るのはかなり難しいです。よっぽど実績があれば知名度も味方して採用されるケースもあります。

事務系のお仕事は級位者OKで、お客さんへのお茶だしや封筒への書類詰め、ホームページのバグチェックなんかもありました。対局中継の棋譜同時入力は初段以上で募集されていたので、いろんな人がやってました。
【参考】囲碁初段はすごい?

これは場所にもよりますが、級位者のバイトさんは初心者さんのいい相手になるので、たまーに囲碁教室の途中にインストラクターっぽい仕事が回ってきます。

楽しいアルバイトの見つけ方

楽しいアルバイトの見つけ方

囲碁じゃないアルバイトは自分に新しい経験をくれる

ここまでの説明を読んで、囲碁バイトは無理なんだ…と悲しくなったかもしれません。

でも私は囲碁バイトじゃない仕事をすることをおすすめします。

もちろん、囲碁バイトはとても魅力的です。生徒さんのことを考えて工夫して、みんなから先生って慕われるのもすごく嬉しいことですね。

ただ、囲碁バイトでは囲碁だけに固執しがちです。基本的にバイトのインストラクターが碁会所の経営に口出す権利はありませんし、相談もされません。気をつけるのはもっとお客さんに楽しんでもらって、リピーターを増やすことくらいだと思います(例外はあるかもしれません。そういう碁会所はきっといい碁会所なのでぜひ足を運んであげてください。)

私が大学生のみなさんにおすすめしたいバイトの選び方は、それが自分のスキルアップに繋がるかです。

例えば飲食店でバイトして、仲間と楽しい時間を共有したり日々の生活にスパイスを与えられることはあるかもしれません。でもバイト内容が料理を運ぶだけ、レジ打ちするだけならその仕事はあなたの将来の価値を引き上げることはしてくれません。

同じように囲碁バイトをしても何も考えずただ囲碁を教えてるだけなら、「指導経験あり」という実績が付くくらいで価値は少ないです。でもその結果生徒さんが結果を出したり、経営をうまく維持することができれば、きっと将来のいい経験になるでしょう。

大学生がアルバイトを選ぶときに「時給」とか「楽さ」は必ず考慮すべき項目なのですが、「自分に与える経験とスキル」を絶対に条件に入れるようにしてください。

アルバイトの種類にこだわろう

バイトを自分のスキルアップに生かすとはいえ、仕事の楽しさとやりがいは重要視すべきです。

恥ずかしがらずに自分に正直に考えて欲しいのですが、「自分は人と接して仕事するのが好きか?」がすごく大事な指標です。

楽しいアルバイトを探そうとすると、イベントスタッフや塾講師など、笑顔でキラキラした広告がたくさん出てきます。

でも、人と接するのが好きじゃない人にとっては?

苦行でしかありません。合わない仕事は本当に合わないです。
そんなバイトを無理に続けて疲れるくらいなら、パッとやめて他の仕事に移った方がいいです。

お金にこだわる必要がある社会人ならまだしも、バイトしないと死ぬわけじゃない大学生は「バイトを選ぶ余裕」があるはずなので、それを生かして自分に合ったバイトを探しましょう。

幸いなことに今では、人と関わるアルバイトも、人と一切会わないアルバイトも充実しています。

人と関わるアルバイト

人と関わるアルバイト

人との関わりが多いアルバイトのメリット

人と関わるアルバイトをするメリットは、自分より経験のある人からマーケティングや人生観など、一人では得難い知識経験をもらえることです。

例えば飲食店スタッフをして一緒にお店の看板を考えるとしましょう。お店の看板は、「15m先でも認識できる」「道路に対して垂直において両サイドから見えるようにする」が基本ですが、これを知るだけでも十分な勉強になりますよね。

こんな感じでお店のちょっとした工夫、店長が何を考えてお店を回しているのか勉強できるのも人と関わる仕事ならではの良さです。

アルバイト面接は断ってもOK!とにかく応募してみる

あまり知られていませんが、アルバイト側にも面接で辞退する権利があります。

実際に求人で見かけても本当に自分に合った会社かわからないことがほとんどですよね。楽しくて自分のスキルアップに繋がるアルバイトを探すには、妥協せずいくつも面接に行ってみることです。

だからあまり一つのバイトに気持ちを入れすぎず、「自分に合うバイトを探す旅に出よう!」って感じで気軽に面接を受けてみましょう。

ただ相手側には迷惑をかけることになるので、辞退する際は「ごめんなさい」を言っておきましょうね。

人と関わる仕事はかなり需要があるのでマイナビとかを見ればたくさん見つかります。

人と関わらないアルバイト

人と関わらないアルバイト
わりと最近流行っているアルバイトのやり方です。これは大学生だけではなく、社会人の方もよくされていますね。

結論から言うとランサーズでオンラインの仕事を受注してお金を稼ぐのがいちばんやりやすいです。

ランサーズはネットを介してお仕事の依頼と受注をする場所です。例えばライティングなら「2000文字で大学のいいところを紹介してください」という依頼に対して、「2000文字以上で大学のいいところを紹介した文章」を送信すればOKです。

私もランサーズをやっていますが、月5万は余裕で可能です。しかも自分でやりたい仕事を選べるので、自由に働くことができます。おすすめはライティングで、初心者でもすぐにお仕事を始めれます。

囲碁のアルバイトにこだわるならブログもおすすめ

囲碁のアルバイトにこだわるならブログもおすすめ
結論から言うと、ブログを書くと広告収益が発生します。広告源はグーグルやアマゾン、その他ASPです。ちょっと難しい話になるのでここでは省略しますね。

簡単にいえばブログに広告を貼ると収益が発生するのですが、これには条件があります。

ブログ収益の心得
  • 初心者は最初の3ヶ月間収益0円を覚悟すべき
  • 人の役に立つ記事を書き続ける必要がある
  • 読者がその広告に魅力を感じるように配慮する

囲碁の知識を活かしてブログを始めてみる

先ほど紹介したように、ブログで稼ぐことは難しいです。最初からお金のことだけ考えてブログを始める人はほとんど挫折していますね。

ただ、囲碁という特技があるならちょっとだけお得です。

ブログ継続のコツは、ネタを尽きさせないことと楽しむことです。囲碁のアルバイトを探すくらいの皆さんでしたら、囲碁に関する知識は多少ありますよね。少なくともルールだけで5記事は書けると思うので継続は普通の人よりやりやすいと思います。

ブログは自分の意見をはっきり言える場所で、それによって人の役に立つことができます。

書く内容はなんでもいいし、自分の頭を整理する意味でもすごく有益な作業です。

新しくブログを作るなら【Seesaaブログ】がおすすめです。

seesaaブログは無料でできるし、操作もすごく簡単です。

yuki
yuki
実はこのブログも、最初はseesaaブログだったんですよ♫

最初は全て無料の状態で始めてOKですが、慣れてきたら独自ドメインを取得しましょう。

独自ドメインとは自分だけのURLで、「〜.com」みたいなやつです。自分で好きな名前をつけれるだけじゃなく、グーグル広告を貼るときに必須なので早めにとっておいたほうがいいですよ。

お名前.comから好きな文字列を検索して購入するだけなので、まずはドメインを取ってみましょう。

料金も年間1000円くらいなので、ほぼノーリスクですね。seesaaはブログ設定から独自ドメイン設定ができるので、そこに取得したドメインを入力するだけでリンク完了です。

さらに慣れてきたらレンタルサーバーとかもいるんですけど、その辺は難しいのでまたいつか記事にしますね。
レンタルサーバーのおすすめはエックスサーバーです。

ぶっちゃけ囲碁ブログって稼げるの?

ぶっちゃけ囲碁ブログって稼げるの?
囲碁ブログは「お小遣い程度にはなる」です。

アクセスが月間30000PVくらいになればグーグル広告で1万円になるかどうか…くらいです。その他プラスαはブログ内容によります。

残念なことに囲碁は広告が少なすぎて、広告目的で書ける記事がほとんどありません。そしてグーグル広告も単価が安いです。

私のブログで「囲碁無料おすすめゲーム、ネット碁サイトを本気でまとめてみた」みたいにペタペタリンクが貼ってある記事がありますが、この中のほとんどはクリックされても収益が発生しない普通のリンクです。

囲碁はこんな感じで広告を出す企業が少ないのでグーグル広告の単価も低いし、アマゾンでも1冊で収益30円くらいです。

その代わりPVが伸びてくるとブログを通して企業から直接案件が来ることもあって、その案件によっては1記事書けば30000円とか貰えたりします。まぁ囲碁から来たことはないので、いろんなジャンルの記事を書いておく必要があるかもしれません。

ただブログは継続しなきゃ稼ぐことはできないので、囲碁が特技なら収益は気にせず好きな記事を書き続けるのがいちばんの方法です。

ちなみに2019年2月現在、私は囲碁の記事をほぼ毎日投稿していますが、その理由は「楽しいから」です。

最初に紹介したように3ヶ月でブログの挫折率は90%なので、自分が楽しまなきゃやってられないですよね(笑)

【追記】
ちょっと誤解を招く言い方でしたが、ブログでも十分な収益を得ることは可能です。
うまく軌道に乗せることができれば、半分放置でも収入が生み出せる半自動システムになるので、収入の上限が一気に拡大します。。
当ブログも過去記事の頑張りによって月3万円以上の利益を継続して生み出しています。(2019年2月現在)
私の知り合いでブログで最高月800万稼いだことがある人がいますが、そのレベルを目指すのはかなり難しいですね。でも月10万円なら努力次第で十分可能だと感じています。

囲碁のアルバイトに興味がある大学生へのまとめ

この記事では、大学生が有益なアルバイトを始めることができるように、大学4年生の私からささいなアドバイスを送る目的で書きました。

みなさんはこの記事を読んで、どう感じましたか?

アルバイトは自分の経験・スキルを磨く最高の舞台なので、職種によらず自分のやりがいがある仕事を思いっきり楽しんでくださいね!

【追記】
ブログで稼ぐのは難しいです。初期のうちはランサーズで受注してライティングスキルを磨きながらバイトして、ブログにもちょこちょこ記事を更新していく方法がおすすめです。

この記事のまとめ
  • 囲碁バイトはコネに頼るしかない
  • バイトの面接は辞退してOK。自分に合った職場を選ぶ
  • ジョブナビで気になったものをチェック

  • 人と関わらない仕事はランサーズが最強
  • ブログもお小遣い稼ぎにはなる
  • 【Seesaaブログ】が始めやすい

ABOUT ME
アバター
yuki
日々研究に追われる理系大学生。専門は脳科学。 趣味は囲碁と中国語。 性格はおだやかで人懐っこいと言われる。 詳しい自己紹介はyukiのプロフィールをご覧ください。
おすすめ記事

POSTED COMMENT

  1. アバター 通りすがり より:

    ブログ読ませて頂きました。

    コネ採用が多い理由は、単に需要と供給が両方とも少なく、
    何かの媒体を通じた一般的な募集よりも
    ダイレクトリクルーティングの一本釣りの方が、
    人材の質が担保しやすく金もかからず紹介する側される側の
    双方に責任が伴うなど、効率が良い合理的な方法だからです。

    また、仕事や社会人の何たるかを考える上では

    ・囲碁界の事業者は大半が自営業の高齢者である
    ・年齢的に住宅ローンや子供の教育費用を払い終えた方が多い
    ・儲けた金額が自分の欲に寄与するリターンが、
     若い時期に比べて相対的に少ない

    などの背景か、お金や時間よりも、人生のQOLを最優先して
    従来の客単価が上がらない構造の商売を継続しており、
    金が一番必要な若い世代がその土俵に上がって勝負を挑む、
    商売としては、なかなか歪な構造になっています。

    なので、囲碁界に就職しない場合は、当事者のアドバイスは
    一般的な価値感とは大分隔たりがある為、あくまでも
    参考にするというスタンスで聞くことをお勧めします。

    参考:「自営業」と「固定給で人を雇う経営者」と「起業」の違い
    http://blog.livedoor.jp/drunkbiker8431/archives/65749172.html

    是非、学生のうちに色々な業態や立場で働いている人達の話を
    聞いてみてください。どんな業界でも、自分の人生を懸けてきた商売を
    悪く言う人は少ないですし、年代でも会社の規模でも、大分違うはずです。

    それから、仕事や社会とは何かを学ぶ目的でバイトをするなら、
    全国展開しているチェーンストアに入ったり、SEO業者とかで
    社会人に交じって法人相手に電話営業しまくる方がお勧めです。

    数千円の指導碁やアパレルの服を一般消費者に売る商売、
    単価数十万円のサービスを毎日戦争をしている社長相手に売る商売、
    一概に優劣はつけるものではありませんが、後者ができる人なら、
    もっと安いものを素人相手に売る難易度は大きく下がります。

    他にも、ホストやキャバクラで学生時代に稼ぎまくった人は、
    金を持っている人達の扱い方を経験から知ってきている為、
    法人相手の営業で大活躍する傾向があります。

    他の人の書き込みを読んでいて色々思うかもしれませんが、
    実際、世の中に出て店長や自営業者相手に営業をすると、
    こういうことを言ったり考える人の割合は相対的に高いです。

    そんな相手に対しても、自分が好きとか嫌いとか関係なく
    信頼関係を作ろうと試みて、商品を売って
    売上を上げるという事が、実際に社会人がやる「仕事」です。

    やりたいことかどうかを度外視した場合、
    相手が自営業の社長さんより、中堅企業や大企業相手になるほど
    同じものを売る難易度は上がっていきます。
    (そもそも、同格の会社でないとアポ自体が取りにくい)

    そして、

    ・高単価になるほど
    ・継続的にリピートする商品ほど
    ・原価のかからない無形の商品ほど
    ・相手が代表や経営層に近づくほど

    ものを売る難易度が高くなり、
    「仕事のできる人」という客観的な証明になりやすい為、
    大企業の証券会社、経営戦略という無形の商品を売る
    コンサルティング会社、保険会社などは
    売ることを極めたい人が集まりやすい傾向にあります。

    なので、仕事を考える上では、業界の種類だけではなく、

    ・「誰に」「何を」「どの価格帯で」売る商売に携わりたいのか
    ・商売の最前線(営業)に立つのか、後方支援(技術や事務)に回るのか

    という分類で考えると、より自分の立ち位置が明確になりますし、
    囲碁のインストラクターや碁会所の席亭として商売をすることが
    何を意味するのか、今よりも俯瞰した視点で考えられるようになります。

    やりたいことをやる人生も、できることを増やす人生も、若いうちは
    どちらも選べますし、20代の内ならやり直しもできますので、
    自分のやりたいように、思い切り人生を楽しんでください。

    ガンバッテ!

  2. アバター gkc より:

    社会人にコメントを残してほしいとの言葉に背中を押され、失礼致します。
    囲碁で時給をいただく機会(コネ)にも恵まれた事のある初段社会人です。
    様々な碁界を見ようと、いろいろなところに顔を出しながら時折、無償で指導碁をさせていただいております。(当然ながら対象は級位者までです。)
    そのことが囲碁界にとってどうなのか、といろいろなお言葉をいただくなか感じるのは、時給数千円を稼ぐインストラクターと時給100円も稼がない自分と何が違うかということです。
    棋力が違うことは言うまでもありません。囲碁の収入で、生活基盤を成り立たせる必要があるかないかも、大きな違いです。両者は共存できるのでしょうか?それとも自分もちゃんとお金をもらうようにとの声に耳を傾けるべきなのでしょうか?
    ひょっとしたら、お金を払ってでも囲碁を教える人もいるのではないかと思うほど、囲碁を教えることが楽しいと感じる自分がいます。
    そう考えると、今の若い人たちが囲碁でお金を稼ぐ新しい方法を作り出すのは時間の問題だと思っています。
    こちらのブログが皆に読まれ、一人でも多くの人が囲碁の普及に思いを巡らせるきっかけになればいいなと思いました。囲碁を楽しむ人がもっともっと増えてほしい、という気持ちが繋がるような活動をしていきたいと思います。

  3. アバター 永代和盛 より:

    囲碁で仕事をしている人間として、とても、興味深く感じました。
    永代塾囲碁サロンではインストラクターを募集しているので、接客業が好きな方を探しています。(事務系の仕事はありませんが)

    囲碁の仕事を色々と見ていて感じるのは、本人のスキルアップになる仕事と、時給が良いからやる仕事があります。それは個人の目的でよいと思います。

    囲碁が好きなら囲碁の仕事をやったほうがいいし、囲碁以外のものもお勧めというのも同意です。

    あと、ここから先は本職でやっている人間としての意見になります。普通からはかけ離れていることも自覚してますがご了承ください。

    まず、バイトという表現をしている時点でインストラクター採用は難しいと思います。これは囲碁界の良いところでもあり、悪いところでもあるのですが、腕一本で食べていく世界です。(棋力だけでなく)それをバイトと表現されると本職の人は良く思わないでしょう。私ならまず不採用します。(事務系は別と思います)

    面接の辞退という表現はどこまでの事を指してるか分かりませんが、申し込みキャンセルや面接した時にきちんと辞退する可能性を伝えていたのならアリかと思います。乗り気で終わったのにやっぱり辞退というのは、すぐに周りに広がって採用してもらえるところはなくなるでしょう。囲碁界は良くも悪くも人間関係でほぼ決まっています。(コネもその類です)

    私があえてこの表現をしたのは、囲碁で仕事したい人に、この村社会のようなコミュニティを把握してもらって、うまく利用してもらいたいと思います。

    私は基本的に囲碁の仕事はお勧めいたします。お客様も良い人が多いですし、人脈も広がります。就職が簡単に決まることもありますしね。例外もありますが、それは選びましょう。

  4. アバター sm より:

    筆者の主張を
    1.囲碁バイトはおすすめできないので他で探すべき。
      その場合はこういう軸で選ぼう。
    2.でも結局私はその軸に従って囲碁の仕事がしたかったからブログやってます。
    と読み取りました。

    その上での意見としては、
    そもそも働く理由は何か考えたほうが良いということ。

    推測が重なり大変申し訳ないが、筆者の収入を考えると、
    筆者自身はバイトはお金を稼ぐこと自体は主目的ではない気がする。

    お金を稼ぐこと自体が主目的だとしてもここで述べられていることは考えた方が良いことではあるが、
    やっぱり大前提が違うと比重が違ってくるのでちょっと記事の方向性とずれるのではないかと感じた。

    • アバター yuki より:

      smさん、コメントありがとうございます!

      確かに、おっしゃる通り今読み直してみると結論が少しずれている部分がありますね。
      私の記事の書き方に問題がありました。申し訳ありません。

      「働く理由を考える」とは、とてもハッとさせられた一言でした。

      アルバイト、ランサーズ、ブログは働き方も収入のもらい方も違うので、一括りに説明するものではなかったかもしれません。私自身もう一度勉強し直した上で、もっとわかりやすく追記したいと思います。

      大変ためになるご意見ありがとうございました!

  5. アバター ぞんぷれ より:

    概ね同意します。
    ・囲碁のアルバイトはコネに依存
    ・囲碁だけにとらわれず、いろいろなバイトを経験するのはアリ
    ・時給よりも「スキル・経験・人脈」で考慮する
    ・稼げたり良い経験になるかは仕事のやり方次第。やり方ではレジ打ちでも充実できるし、囲碁のアルバイトがつまらないものとなる。

    • アバター yuki より:

      コメントありがとうございます^^

      「人脈」も大事ですよね。補足ありがとうございます!

      仕事のやり方次第、というのはすごく重みのある言葉ですね。
      私もまだ社会人経験のない身ですが、自分なりに「やり方」を工夫して今の時間をより有益に過ごせるように努力したいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA